マツダはデミオをベースにしたコンパクトセダンを教習車に仕立てた「マツダ教習車」を日本で発売する。その予約受付を2019年4月24日に開始した。すべてガソリンエンジンを搭載したモデルで187万5960円〜194万2920円。

モデル名に“デミオ”の文字はないが…

正しい運転技量を習得するための場である自動車運転教習所に向けて、マツダは新型「マツダ教習車」を、2019年5月27日に発売する。これに先立ち、予約受付を2019年4月24日に開始した。

新型「マツダ教習車」は「人間中心」の開発思想のもと、自然な姿勢で操作できるように、シートやペダルなどのレイアウトを設定。様々な体型のドライバーにとって、操作しやすい運転姿勢を可能としている。

さらに、5ナンバーサイズのコンパクトボディは初めて運転するひとでも扱いやすく、運転技術の習得に役立つという。また、動き出しから高速走行まで、安定感のある走行性能を実現する「G-ベクタリングコントロール(GVC)」を採用。ドライバーの運転技量によらず、意のままの運転をサポートしてくれる。

パワートレーンは、1.5L直4ガソリンエンジンに6速MTもしくは6速ATを組み合せたもの。また、シートや足回りのレイアウトを見直すことで、指導員の仕事環境にも配慮しているという。低燃費や耐久性の向上などにより、コスト軽減にも貢献する。

画像: これまでマツダはアクセラをベースにした教習車を販売してきたが、こちらはデミオベース。

これまでマツダはアクセラをベースにした教習車を販売してきたが、こちらはデミオベース。

新型「マツダ教習車」の概要

■運転しやすい車両サイズ・視認性
 →5ナンバー枠のコンパクトな車両サイズ(最小回転半径:4.7m)
 →左右アウターミラー間寸法からはみ出さない指導員用アウターミラーの設定

■最適な運転姿勢
 →操作しやすく疲れにくいオルガン式アクセルペダルを採用
 →ハンドルの上下・前後調整機構を標準装備

■操作に忠実な走行性能
 →1.5L直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」
 →6速MT「SKYACTIV-MT」、または6速AT「SKYACTIV-DRIVE」
 →「G-ベクタリングコントロール(GVC)」を標準装備。

■充実した安全装備
 →運転席&助手席に加え、側面からの衝突時に乗員を保護するSRSエアバッグシステムとして、カーテン&フロントサイドを標準装備
 →55km/h以上で急ブレーキをした際に、ハザードランプを高速点滅させることにより、後続のドライバーに注意喚起するエマージェンシーシグナルシステム(ESS)を標準装備

■正しい指導をできる教習装備
 →指導員席のシートリフターを標準装備
 →指導員用サブブレーキ&フットレストの最適レイアウトによる操作性と快適性の両立
 →表示、操作を集中レイアウトした指導員用モニターを実現
 →教習生用ミラーへの映り込みに配慮した指導員用防眩インナーミラー採用
 →振動吸収ウレタンを採用した乗り心地の良いシート

■優れた燃費性能と耐久性
 →高効率ガソリンエンジンSKYACTIV-G 1.5や軽量ボディ等が貢献する低燃費性能
 →維持費を低減するタイヤ・ホイールサイズ(185/65R15)を採用
 →交換が容易なリアバンパープロテクターを採用
 →クラッチディスクの耐摩耗性を向上させた大径クラッチディスクを採用
 →ヘッドランプ、フットランプのLEDランプ化により耐久性を向上

■全7色のボディカラー
 →エターナルブルーマイカ
 →アークティックホワイト
 →ソニックシルバーメタリック
 →ジェットブラックマイカ
 →ソウルレッドクリスタルメタリック
 →マシーングレープレミアムメタリック
 →スノーフレイクホワイトパールマイカ

画像: デミオセダンをベースとした教習車。

デミオセダンをベースとした教習車。

新型「マツダ教習車」の車両価格(税込)

マツダ教習車(1.5L直4エンジン+6MT):187万5960円
マツダ教習車(1.5L直4エンジン+6AT):194万2920円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.