2019年も多くのニューモデルが登場した。当サイトの「写真蔵」で紹介したモデルの中で、人気の高かったトップ10をプレイバックして紹介しよう。今回は、2019年4月17日に公開された日産 GT-Rニスモの2020年モデルだ。

さらなる軽量化や空力性能の向上などを図る

日産 GT-R 標準車の2020年モデル発表会で同時に公開されたのが、GT-Rニスモの2020年モデルだ。
これはレースの厳しい環境で磨き抜かれた技術を応用したことで、より研ぎ澄まされた性能を実現したという。

2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型ターボチャージャーを採用し、エンジンレスポンスを約20%向上。さらにルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を使用し、さらなる軽量化が図られたことが大きなポイントだ。

また、フロントフェンダーのエアダクトは、放熱効果とダウンフォースを増やす効果があり、新開発のカーボンセラミックブレーキも採用している。

さらに新開発のRECAROシート、軽量かつ高剛性の鍛造アルミホイール、ダンロップ SPスポーツマックス GT600 DSST CTT のハイグリップタイヤなど、すべては「究極のGT-R」のために選ばれたアイテムばかりだ。

車両価格は2420万円とかなり高額だが、その内容を見れば納得せざるを得ない。日本のスポーツカーシーンに欠かせない存在となっている日産 GT-Rの面目躍如といったところだろうか。

日産 GT-R NISMO 主要諸元

●全長×全幅×全高:4690×1895×1370mm
●ホイールベース:2780mm
●重量:1720kg
●エンジン型式・種類:VR38DETT型・V6 DOHCツインターボ
●排気量:3799cc
●最高出力:441kW<600ps>/6800rpm
●最大トルク:652Nm<66.5kgm>/3600-5600rpm
●トランスミッション:6速DCT
●タイヤサイズ:前255/40ZRF20、後285/35ZRF20
●車両価格(税込):2420万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.