神がかったレベルの完成度。スズキのVストローム650は、そうとしか言いようがありません。新車価格は100万円以下なのに、200万円オーバーの格上バイクにだって負けない。1泊2日/1500kmを走ってわかった、驚きの事実を聞いてください。

Vストローム650は次元が違う!

画像1: Vストローム650は次元が違う!

スズキのVストローム650ってご存知ですか?

このバイクは2013年に国内仕様となって正式に日本に導入。

それまで海外モデルだったため、国内ではあまり知名度がありませんでした。

ところが国内導入されて一変。絶賛の嵐。

今、日本にVストローム250や1000があるのは、この650の成功のおかげかもしれません。

画像: 車体色:パールグレッシャーホワイト

車体色:パールグレッシャーホワイト

そのVストローム650のスポークホイール仕様『Vストローム650 XT』の2019年モデルで登場したホワイトにやられました。

ブルーのホイールがヤバい。

それが透き通るように上品で、見た瞬間に「あ、もう一度乗りたい!」となってしまいました。

個人的な好みなんですが、今までのVストローム650の中で、このホワイトがいちばん気に入ったんです。

画像2: Vストローム650は次元が違う!

ちなみに3年ほど前に乗った時にもスゴいな……と思っていましたけど、その時は時間が無くて300kmくらいしか走れませんでした。

だから今回は長距離!です。

こういうバイクって、本当に距離を乗らないとわからないことが多いですから。

でも、やってみたら想像を遥かに超えてた!

お世辞抜きで200万円オーバーの高級外車にだって負けないと実体験で思い知ったんです。

1泊2日/1500kmって、どう思う?

画像: 1泊2日/1500kmって、どう思う?

週末の1泊2日で無理せず走れる距離って、みなさんはどれくらいでしょうか?

もちろんライダーの体力や、愛車の快適性能にも左右されますよね。

でもVストローム650の場合は、誰でも1000kmくらいは余裕だろうと予想できたので、今回は東京から和歌山の最南端“潮岬”を目指してみました。

高速道路で戦慄する!?

早朝に東京を出発。まずは高速道路でひたすら西へ。

初日は紀伊半島の東側から潮岬へアプローチするので、とりあえずの高速道路が590kmくらいです。

でも「とりあえず」が590kmって、普通に考えたらけっこうな距離(笑)

人によっては無理!って思うかもしれません。

画像: 高速道路で戦慄する!?

でも、Vストローム650は違います。

これに乗れば片道500kmオーバーの高速道路は余裕の距離に化ける。

しかも、その距離が誰でもそれが当たり前になるんです。

それが1000ccオーバーのスーパーツーリングマシンなら当然でしょうけれど、Vストローム650はその名の通り排気量650ccなんです。

ところが、ライダー側が感じる快適さはリッタークラス同然。

それだけでも相当にスゴい。

なのに、真に驚くべきは、まだそこじゃありませんでした……

ヨーロッパで鍛えられた本領

画像: ヨーロッパで鍛えられた本領

それを感じたのは新東名で試験運用中の120km/h区間です。

ちょっと(良い意味で)ゾッとしました……6速5500回転くらいでメーター読み120km/h。

速度が高まるほどに、Vストローム650が安定感を増していくんです。

エンジニアの“狙い”が見える瞬間

エンジンが気持ちよく回る回転域、エアロダイナミクス、サスペンションとフレームの車体設計、徹底された低重心化。

設計したエンジニアの狙いがピタリと「ひとつに揃った」という感覚です。

120km/hという速度の中で、まったくブレず、路面の突き上げも感じないまま、矢のように真っ直ぐ突き進みます。

まさに、その速度こそが本領だと言わんばかり。

画像1: エンジニアの“狙い”が見える瞬間

さすがはヨーロッパのライダーに大きな支持を受けるVストローム650です。

真面目に言いますが、超ロングレンジを走るのにも、これ以上のパフォーマンスは必要ないと思わせるレベルに達しています。

きっと『どこまでも走れるバイク』っていうのは、掛け値なしにVストローム650のようなバイクのことだと感じました。

画像2: エンジニアの“狙い”が見える瞬間

とにかく、疲れない。

だから集中力も切れず、安全にどこまでも走り続けられます。

最初の給油はノンストップで367kmを走ってからでした。

燃料が17.17L入りましたから燃費はリッターあたり21.37km。

燃費もなかなか良い数字ですね!

画像3: エンジニアの“狙い”が見える瞬間

その給油の後も、和歌山までノンストップでした。

特に無理をした感じもありません。

普通に走っていたら、いつの間にか着いちゃった……そういう感じです。

画像4: エンジニアの“狙い”が見える瞬間

ツーリングっていうのは、目的地までいかに余力を残して走れるかが重要ですが、Vストローム650はその点でパーフェクトです。

ここまでの快適性は近しい排気量帯、ミドルクラスには存在しないかもしれません。

恐るべき高速クルージング性能。そうとしか言いようがありません。

朝に東京、昼食は和歌山で

画像1: 朝に東京、昼食は和歌山で

昼食は和歌山でラーメンです。

ライダーの昼食にラーメンは必須!

そして、和歌山県有田市の“清乃”は2015年に食べログのラーメン部門で全国1位に輝いたお店です。

画像2: 朝に東京、昼食は和歌山で

和歌山まで来たら、濃厚なとんこつベースの「和歌山ラーメン」が食べたいと思うのが人情でしょう。

事実、ものすごく美味かった!

こってり濃厚なのに、食べ進めてもクドさが無い。

麺そのものも美味い。ものすごく満足感があります。

でも、それをグッと堪えてもらえるなら!

画像3: 朝に東京、昼食は和歌山で

是非とも、こちら『角長醤油匠』をご賞味ください。

すごいです。

こんな醤油ラーメンは食べたことがありません。

ものすごくあっさりなのに、味わいが奥深い。

世のラーメンライダーたちの常識を覆す実力を持っています!

あまりの満足感に、ここでもう引き返しても良いんじゃないかと思ったくらいです(笑)

うまいもの目指して一直線!

そういう旅もVストローム650なら楽しいだろうナ、と思います!

Vストローム650は『発見』をくれる

画像1: Vストローム650は『発見』をくれる

その後、南下して潮岬を目指す途中。

さっき食べた感動の『角長醤油匠』の謎が解けました。

下調べが足りないと怒られそうですが、なんと角長醤油というのは天保十二年創業の醤油屋さん。

しかも、ここが醤油醸造発祥の地だというのです!

道すがらに偶然、発見したのですが、先のラーメンがより素晴らしいものに思えてきました。

江戸時代から引き継がれる蔵で醸造された醤油の味。納得です。

そして風情ある街並にも、Vストローム650は映えますね。

画像2: Vストローム650は『発見』をくれる

古い町には定番の小路というか、軽自動車がすれ違えないほどの細い道でもVストローム650は余裕たっぷり。

650ccならではの軽さと、重心の低さのおかげでしょうね。

極低速でのコントロールに安定感を強く感じます。

そしてもうひとつ言うと、こういうシチュエーションではスズキのローRPMアシストが最高です。

画像3: Vストローム650は『発見』をくれる

ローRPMアシストというのは停止→発進の時や、極低回転時に自動でエンジン回転数を250回転くらい上げてくれるスズキ独自のシステムのこと。

ストップ&ゴーや路地での右左折に絶大な効果があります。

クラッチ操作のイージーさ、そして安定感を作り出してくれるんですね。

一見、地味ですが、このシステムは世界中すべてのバイクに標準装備されて欲しい!と思うほどです。

旅は予期せぬ発見・体験に出会えるもの。

だから、やめられません。

その体験を、東京から600kmも離れた土地で出会わせてくれたVストローム650には感謝です!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.