伝説の殺し屋の死闘を描く人気シリーズ『ジョン・ウィック』最新作にして、遂にクライマックスを迎える『ジョン・ウィック:パラベラム』(原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM)が2019年10月より全国されることが決定した。

タイトルにある“パラベラム”に込められた意味とは

2015年に『ジョン・ウィック』が日本公開されスマッシュヒットを記録、2017年に公開された続編『ジョン・ウィック:チャプター2』は、全米でオープニングからたった8日間で1作目の2倍以上の成績(約3千万ドル=約30億円)を上げ、トータル興収約4.6千万ドルという大ヒットを達成し、今日のアクション映画に多大な影響を与えた『ジョン・ウィック』シリーズ。

そしていま、伝説の殺し屋・ジョン・ウィックの、3度目にして最後の死闘が幕を開ける…!

前作から2年、本作では、復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョン・ウィックがついに最後の戦いに挑んでいく。暗黒社会最強、伝説の殺し屋ジョン・ウィックを演じるのは、冴えわたるノースタントのアクションに情熱を燃やすキアヌ・リーブス。

前2作に引き続き監督は、『マトリックス』シリーズで新時代のアクションを生み出し、ハリウッド最先端アクションのトレンドセッターであるスタントチーム「87Eleven」を率いるチャド・スタエルスキが続投。

前作に続き、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンが出演することに加え、新たに、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女・ソフィア役に、アカデミー賞女優・ハル・ベリーの参加も決定。新次元を切り開いたノンストップ・キリングアクションが究極の進化を遂げて、遂に壮絶なクライマックスへ突入する。

今回解禁されたティザービジュアルには、一流の殺し屋たちをもてなす「コンチネンタル・ホテル」の紋章が左右反転して写し出されたガラス窓の前に立つ、ずぶ濡れのジョン・ウィックの姿が映し出され、前作で“ホテル内で殺しを行ってはいけない”という掟を破り、ホテルの利用を禁じられたジョン・ウィックの逃げ場のない孤独な状況を見事に表したビジュアルとなっている。

タイトルにある“パラベラム”とは、ラテン語の格言“Si vis pacem, para bellum”(汝平和を欲さば、戦への備えをせよ)から引用したもので、「戦いに備えよ」という意味が込められていることをキアヌ自らが明かしている。

“殺し屋を始末する殺し屋”“1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説と共に、暗黒社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィック。その最後の闘いがどれほど壮絶なものになるのか注目だ。

ジョン・ウィック:パラベラム
2019年10月全国ロードショー
配給:ポニーキャニオン
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.