英国史上、最も悪名高き事件“ピータールーの虐殺”の全貌を映画化した『ピータールー マンチェスターの悲劇』が2019年8月9日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開されることが決定した。
画像1: 英国史の暗部に切り込む『ピータールー マンチェスターの悲劇』公開決定
画像2: 英国史の暗部に切り込む『ピータールー マンチェスターの悲劇』公開決定
画像3: 英国史の暗部に切り込む『ピータールー マンチェスターの悲劇』公開決定

イギリスの名匠マイク・リー監督の最高傑作と呼び声も高い最新作

本作は、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の『秘密と嘘』や『ヴェラ・ドレイク』などで、アカデミー賞に7度ノミネートのイギリスの名匠、マイク・リー監督の最高傑作と呼び声も高い最新作。

物語の舞台は1819年。ナポレオン戦争後の困窮の英マンチェスター。深刻化する貧困問題の改善を訴え、政治的改革を求めた民衆6万人がセント・ピーターズ・フィールド広場に集まった。そこに、民衆運動の鎮圧のため、英国政府の騎兵隊が群衆の中へ突っ込んだー。

それが、非武装市民6万人に起きた悪夢“ピータールーの虐殺”だ。結果、多くの抗議者が亡くなり、数百名が負傷した。この事件は、英国の民主主義において大きな転機となり、ガーディアン紙が創設される重要なきっかけとなった事件となった。

自らもマンチェスター出身のマイク・リーが満を持して英国史の暗部に切り込んだ本作。「ピータールーの虐殺は、現代に蔓延する狂気や混乱に通じる重要な事件だ」と、これを昔の事件として片づけてはならない、これは今も続いている問題だと警鐘を鳴らす。

本作の製作プロダクションはAmazonstudio。新進気鋭のスタジオが名匠と組んで作った、かつてない、新しい壮大な歴史ドラマとなっており、第75回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門でHuman Rights Film Network Awardを受賞。

膨大なリサーチの上、史実に基づいて、監督自らが脚本を執筆、撮影は臨場感を出すために3台のカメラで撮影され、「マイク・リー監督の魂すべてが注ぎこまれている」(New York Magazine/Vulture)や「心を激しくかき乱す」(THE Sun)など、世界各国でそのリアリティが絶賛されている。

ピータールー マンチェスターの悲劇
2019年8月9日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開
配給:ギャガ
© Amazon Content Services LLC, Film4 a
division of Channel Four Television Corporation and The British Film Institute
2018.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.