東京湾アクアラインの海ほたるパーキングエリア(PA)が、店舗やトイレなど施設のリニューアル工事を行い、4月20日にいよいよグランドオープンする。オープン前の施設を少しだけ見学できたので報告しておこう。

「東京湾に浮かぶ豪華客船」を、よりラグジュアリーに!

東京湾アクアラインが開通したのは1997年12月のことだから、もう21年以上も前になる。途中にある人工島のパーキングエリア「海ほたるPA」は、今や単なるトイレ休憩の場ではなく、2017年の年間来場者数は761万人。東京ディズニーランド、成田山新勝寺に次ぐ、千葉県の観光スポットの一つとなっている。

そんな海ほたるPAも施設の老朽化が目立ち、2018年から段階的にリニューアル工事が行われ、この4月20日にグランドオープンする。

画像: ギャラリー風にリニューアルされた通路は、まさに豪華客船内のようだ。

ギャラリー風にリニューアルされた通路は、まさに豪華客船内のようだ。

今回リニューアルされたのは、主に1階と5階。既に5階のフードコートや1階の売店などは2019年初めにリニューアルオープンしている。

1階は、エントランス(タイトル写真)やトイレなどをリニューアル。5階は、通路をガラス張りにして室内空間へ改築し、荒天の日でもくつろげるようになった。海ほたるPAのコンセプトだった「東京湾に浮かぶ豪華客船」が、さらにラグジュアリー感あふれる空間になった。

画像: 通路のディスプレイも豪華客船内をイメージしている。

通路のディスプレイも豪華客船内をイメージしている。

また、新規店舗が3軒オープン。海が見えるカフェレストランの「オーシャンキッチン」、回転寿司の「海鮮三崎港」、そしてテーマ型カフェの「HOTARU cafe」。

「オーシャンキッチン」は千葉の食材を使用した洋食を中心に、さまざまなメニューが味わえる。リニューアル記念の特別メニューもある。

画像: 「オーシャンキッチン」の入口

「オーシャンキッチン」の入口

画像: リニューアル記念の特別メニュー「あさりと桜海老のあんかけ和風オムライス」は税込み1280円

リニューアル記念の特別メニュー「あさりと桜海老のあんかけ和風オムライス」は税込み1280円

「海鮮三崎港」は、海を見ながら新鮮なネタが自慢のお寿司を食べられる。5月いっぱいまで本マグロ祭りを実施中。

画像: 「海鮮三崎港」の入口

「海鮮三崎港」の入口

画像: 新鮮なネタが自慢の「海鮮三崎港」のお寿司

新鮮なネタが自慢の「海鮮三崎港」のお寿司

「HOTARU cafe」の第一弾は大人気アニメ『ONE PIECE』と8/31までコラボ中だ。

画像: 「HOTARU cafe」のイメージイラスト

「HOTARU cafe」のイメージイラスト

また、以前は1階の木更津よりの場所にあった海ほたるのミュージアム「うみめがね」は、5階に「うみめがね〜アクアラインシアター」としてリニューアルオープン。「土木のアポロ計画」と呼ばれた東京湾アクアラインの建設過程などを、建物空間を利用した没入感のある映像で見ることができる。

画像: 「うみめがね〜アクアラインシアター」の入口

「うみめがね〜アクアラインシアター」の入口

画像: 迫力ある映像で、東京湾アクアラインの建設過程を知ることができる。

迫力ある映像で、東京湾アクアラインの建設過程を知ることができる。

1〜3階のトイレもリニューアルされ、女性用パウダーコーナーや多機能トイレなどの設備も整えられた。

ゴールデンウイークには東京湾アクアラインを利用して千葉方面へ行かれる読者諸氏も多いはず。トイレ休憩だけのために海ほたるPAに寄るのではなく、海ほたるPAを目的地に出かけてもけっこう楽しめるかもしれない。

いずれにしてもゴールデンウイーク中は渋滞が予測されるから、くれぐれも安全運転で!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.