全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

4月6、7日に栃木県のツインリンクもてぎで行なわれた「全日本ロードレース選手権」を、初めて観に行ってきました!!!

画像1: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

私はレース観戦が好きでよくサーキットに行くのですが、その観戦はスーパーフォーミュラやスーパーGTが多かったんです。二輪のレースはMotoGPの日本グランプリをここ2年ほど観ているのですが、あとは鈴鹿サーキットで行なわれる2&4レースくらいしか観たことがありませんでした。

ニュースやSNSで流れてくる動画や記事ではいろんなレースを見ていても、バイクのロードレースを現地観戦するには、なかなかタイミングが合わず、行く事が出来なかったのでどんな雰囲気なのか、行く前からもうワクワクドキドキでした( › ·̮ ‹ )♪

何も予定を立てずふらっと行き、観てみるっていうのも面白いかもしれませんが、サーキットは広いから行きたい場所まで辿り着くのに時間がかかるので、私はトークショーを聞いて情報を得たり、今回初観戦っていうこともあり、見やすい場所で観戦したかったので予定を立ててからツインリンクもてぎへ!!

画像2: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??
画像3: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

まず、入場ゲートをくぐる所で入場料などを払います。今回は南ゲートから入りました。

以前、初めて富士スピードウェイに観戦に行った時にもびっくりしたのですが、ほとんどの人が車やバイクに乗りながら入場料を払うんですよね。そして、そこからまたしばらく走らなければ観戦ポイントまで辿りつけません。なので、徒歩では行くのは大変。初めてレース観戦に行った時は、そんな事情を知らずに、入場ゲート近くでタクシーを降り、困った事を今でも覚えています。笑

という訳で、入場ゲートを通過し駐車スペースへ。

そして、レースが始まるまで出店ブースなどがあるグランドスタンド裏へ、トークショーを聞きに行ってきました! 私はトークショーを聞くのが好きなので、いつもレース前後に行なわれるトークショーは必ず見に行きます。その選手のことをより知れるし、何より選手のお話しを聞いてからレースを観ると、よりレースが楽しめたり、観戦が楽しくなるんです♪

今回はカワサキブースでトークショーが行なわれていたので、渡辺一馬選手と岩戸亮介選手のトークを聞いて来ました!

画像: 渡辺選手(左)と岩戸選手(右)です!

渡辺選手(左)と岩戸選手(右)です!

渡辺選手は若手の岩戸選手のトークをフォローしながら、さらに笑いを取りながらもレースについてはしっかりとしたコメントをされていて、頼もしい先輩なんだなという印象。岩戸選手は、気持ちを一生懸命伝えようとしてる姿や、先輩から受けたコメントはしっかり繋げていたり、怪我をしながらも頑張られている印象を受けました。トークショー終わりにフラッグを選手からもらえるというプレゼントもあり、大満足♪

画像4: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

「頑張って下さい!」と伝えたら笑顔で応えてくれました。

それから周りのブースをいろいろ見てまわっていたら、ホンダブースで高橋巧選手のサイン会が行われていたのですが、整理券の配布はすでに完売、、、(´・ω・`)

画像5: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

小さい子が「頑張ってー!」とずっとエールを送っていたのが印象的でした。

画像6: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

こんな写真の撮れるフォトスポットもありましたよ☆

他にもメーカーさんのブースや

画像7: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

バイク試乗会もありました!!!

画像8: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??

レースを観るだけでなく、バイクに跨ってみたり、試乗も出来るなんて凄くラッキー♪

なのですが、、、今回私は試乗ができなかったので跨りだけ^^;

画像: ヤマハブースで☆

ヤマハブースで☆

画像: スズキブースで☆

スズキブースで☆

あと、日本郵便ブースでは郵便屋さんの服も着られるということで郵便屋さんになりきってみました!笑

画像9: 全日本ロードを初観戦! 梅本流の観戦術とは…??
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.