ゴールデンウイークの短期集中連載企画として、日本のスーパーカーブームを築いた1970年代のスーパーカーを紹介していきたい。今回は、スーパーカーとしては長寿を誇った、デ・トマソ パンテーラだ。(ホリデーオート2018年11月号別冊付録より)

アメリカンV8をミッドシップ搭載した異色のスーパーカー

「De TOMASO Pantera:デ・トマソ パンテーラ」

画像: ウエッジシェイプのボディデザインはカロッツェリア・ギアによるもの。リトラクタブル式ヘッドライトも採用。

ウエッジシェイプのボディデザインはカロッツェリア・ギアによるもの。リトラクタブル式ヘッドライトも採用。

1966年にマングスタをトリノショーで発表して、一躍スーパーカー・メーカーの仲間入りを果たしたデ・トマソが、アメリカのフォードと手を組み開発したのが、1971年に登場したパンテーラだ。
大量生産でコストダウンを狙ったスーパーカーというコンセプトは、世界初のものだった。

ランボルギーニから移籍したジャンパオロ・ダラーラが設計した基本骨格は、当時バックボーンフレームが主流だったスーパーカーとしては異例ともいえるモノコック構造で、クリーブランドの愛称を持つフォード製5.8LのV8・OHVを縦置きミッドシップ搭載している。

ボディデザインはカロッツェリア・ギアに在籍していたトム・ジャーダで、全高わずか1100mmのウエッジシェイプに仕上げた。

生産性にまで配慮したスタイルはイタリアンデザインの繊細さに欠けるが、その荒々しさが力強さに感じられるのは、優れたデザイン性によるものだろう。

画像: リアのエンジンフードの開口部は大きい。後方視界は思ったより悪くない。

リアのエンジンフードの開口部は大きい。後方視界は思ったより悪くない。

ただし、リアのエンジンフードを開けても2列に並んだ美しいカムカバーは見えない。そこには、バンク中央に置かれた4バレル・ダウンドラフトキャブレターのエアクリーナーと、何の変哲もないOHVエンジン、そしてZF製5速MTが鎮座しているだけだ。

しかし、フォード製351CDIユニットは300psの最高出力を5400rpmで発生する低回転型ゆえに、メンテナンスフリーで所定の性能を発揮する。これがマルチキャブで神経質なイタリアンスーパーカーとの決定的な差だ。

しかも44.0kgmのビッグトルクをわずか3500rpmで発生したから、低速域での扱いやすさはこの種のクルマとしては抜群で、スーパーカーのイメージを覆す低速性能も発揮した。

画像: フォード製5.8LのV8は47.5kgmのビッグトルクが自慢。加速感は強烈だが、大味な印象だ。

フォード製5.8LのV8は47.5kgmのビッグトルクが自慢。加速感は強烈だが、大味な印象だ。

フェラーリのほぼ半額で公称最高速度260km/hの性能が手に入る、となれば人気が高まるのは当然だ。1972年には3000台に迫る販売実績を残している。

だが、アメリカンV8ユニットは官能性能に欠ける、との指摘はついて回った。十分速いが、エンジンの吹け上がりやサウンドなど様々な要素が絡んで醸し出される速さの質が大味だというのだ。

そこで1973年に追加されたのが、ここで紹介するGTSだ。エンジンは同じフォード製351CDIながら、圧縮比を11.0:1に上げて330ps/47.5kgmまでチューンした結果、不評だった吹け上がりはシャープになり、最高速度も290km/hに上がった。

画像: ステアリングの向こうには、右に5900rpmからレッドゾーンの回転計、左に300km/hスケールの速度計が配置される。

ステアリングの向こうには、右に5900rpmからレッドゾーンの回転計、左に300km/hスケールの速度計が配置される。

同時に、GTSをベースに500psオーバーまでチューニングしたグループ4レース参戦用モデル、GT4も開発。レースでは目覚ましい結果こそ残せなかったが、標準車と一線を画す走りを望む声に押されて、1974年にはレース仕様のGT4がそのまま市販されている。

パンテーラは第一次のスーパーカーブームが去ったあとも生き長らえ、第二黄金期となった1990年のトリノショーでビッグマイナーチェンジされたモデルも登場し、小規模ながらも生産が続けられた。

画像: 全長は4.3mを切る比較的コンパクトなサイズ。車高はミウラと同じで1100mmしかない。

全長は4.3mを切る比較的コンパクトなサイズ。車高はミウラと同じで1100mmしかない。

デ・トマソ パンテーラ GTS 主要諸元

●全長×全幅×全高:4270×1830×1100mm
●ホイールベース:2515mm
●重量:1420kg
●エンジン:V8 OHV
●排気量:5763cc
●最高出力:330ps/6000rpm
●最大トルク:47.5kgm/3500rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.