東名高速道路 足柄SA(上り)にあるレストラン、ロータスガーデン店には、NEXCO中日本の2018年ナンバー1メニュー「精進料理 霜月(しもつき)」がある。

箱根の山々を望む関東への入り口、東名高速道路 足柄SA(上り)

名古屋から東京に向かって東へ進み、富士山を横目に御殿場ICを過ぎてすぐにあるのがEXPASA(エクスパーサ)足柄とも呼ばれる大型SAだ。関東地方と東海地方の境に位置する。2019年3月上旬にスマートICが完成し運用が開始された。近隣には富士スピードウェイや大型アウトレットモールがある。

東名高速道路
至 名古屋 → 御殿場IC → 足柄SA(上り) → 大井松田IC → 至 東京

画像: 東名高速道路の上り線にある足柄SA。

東名高速道路の上り線にある足柄SA。

美味しさだけでなく驚きに満ち溢れた精進料理だ

今回紹介するのは、2018年に開催されたNEXCO中日本のメニューコンテストで最優秀賞を獲得した「精進料理 霜月」(2180円)です。

「海外からのお客さまも増えていますので、そうした方々に和食の神髄をお伝えしたい」と語るのは、料理長の鳥谷部さん。ちなみに霜月は11月を意味しますが、それは「コンテストの地区予選の時期」を意識したネーミングとか。ですが、1年を通して提供しているそうです。

その内容は、前菜に始まり、揚げ物、焼き物、お吸い物、お食事、水菓子までのフルコース。前菜は「南蛮れんこん」「刺身蒟蒻」「ごぼうとこんにゃくの煮物」「味噌漬け豆腐」。揚げ物は「かぼちゃ」「べにあずま」「湯葉巻き麩」。焼き物は「自家製金山時味噌」「里芋」「焼き豆腐」「銀杏」。お吸い物は「そばがき汁」。お食事は「茸炊き込み」。そして水菓子は「季節の果物」。たくさんの種類を少しずつを食べるという和食らしい、説明するだけでも大変な品数です。

画像: 「精進料理 霜月(しもつき)」(2180円)。外国から来た観光客など和食に慣れていない人に向けているため味付けは濃いめにしてあるという。

「精進料理 霜月(しもつき)」(2180円)。外国から来た観光客など和食に慣れていない人に向けているため味付けは濃いめにしてあるという。

そんなコース料理を食べたファーストインプレッションは「精進料理のような、枯れた感じがちっともしない!」というもの。前菜の味噌漬け豆腐は、オリーブオイルがかけられており、まるでチーズのよう。焼き物に添えられる味噌は、なんとキュウリなどの野菜入り。聞けば、味噌も自家製とか。

湯葉をまいた麩の天ぷらなんて初めてです。フワフワの食感にびっくり。食べるほどに驚き、それがワクワク感につながります。なんと和食は楽しいのか!

そして、最後まで食べて気づいたのが「肉も魚も一切使ってない」ということ。味にメリハリがあるし、量も十分なので、肉類がないことに最後まで気づきませんでした。

コンテストの最優秀作品ですから、美味しいのは当然。しかも驚きに満ち溢れたメニュー。これは日本人にもオススメですよ。(文・写真:鈴木ケンイチ)

東名高速道路 足柄SA(上り)ロータスガーデン店
☎0550-84-6051 営業時間:11時〜22時(「精進料理 霜月」の提供は12時〜21時) 年中無休

画像: 文字どおり窓から富士山を望むことができるロータスガーデン店「富士山の見えるレストラン」。

文字どおり窓から富士山を望むことができるロータスガーデン店「富士山の見えるレストラン」。

画像: 富士山を模した人気パンのシリーズも足柄SAで販売されている。画像、左より「富士山チョコブレッド」(280円)、「富士山メロン」(230円)、「富士山クリームメロン」(260円)、「富士山メープル」(270円)。

富士山を模した人気パンのシリーズも足柄SAで販売されている。画像、左より「富士山チョコブレッド」(280円)、「富士山メロン」(230円)、「富士山クリームメロン」(260円)、「富士山メープル」(270円)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.