新しい元号が「令和」に決まり、いよいよ平成が終わろうとしているが、この時代に誕生した記憶にとどめておきたいスポーツカーたちを、図鑑風に紹介していこう。今回は、ビート、カプチーノと合わせて「ABCトリオ」と呼ばれたAZー1だ。

ガルウイングドアと超シビアな操縦性が魅力の本格派ミッドシップスポーツ

「オートザム AZー1(PG6SA型:1992年10月発売)」

画像: よくぞ軽の規格に収めたといえるパッケージング。サイドウインドーは後方下側の一部だけ開閉する。

よくぞ軽の規格に収めたといえるパッケージング。サイドウインドーは後方下側の一部だけ開閉する。

ミッドシップスポーツのエッセンスを軽規格に詰め込んだという点ではビートと同じだが、フレームだけで走れるほど強固なスチールモノコックに、ストレスフリーゆえに自由に造形できるFRP製ボディ外皮を貼り付け、ガルウイングドアを成立させるなど、AZー1の成り立ちはまったく異なる。

当時マツダの5チャンネル化で誕生したオートザム店で販売されたため、ブランド名はマツダではなくオートザムだった。AZはオートザム(AUTOZAM)の略だ。

画像: スズキから供給されるアルトワークス用F6A型エンジンをミッドシップ搭載。5速MTを介して720kgの高剛性ボディを豪快に加速させた。

スズキから供給されるアルトワークス用F6A型エンジンをミッドシップ搭載。5速MTを介して720kgの高剛性ボディを豪快に加速させた。

エンジンはスズキから供給されるF6A型ターボで、当時の軽最強。これを運転席直後に横置き搭載している。前後重量配分は44:56で、先発のビートとほぼ同じだ。

ボディ剛性を高めるためセンターとサイドメンバーは限界まで太くされた結果、キャビンは狭くシート幅は最小限で、体格の良い人は着座できないほどタイトだった。

それでもロックtoロック2.2回転の超クイックなステアリングを握れば、文字どおりカミソリの切れ味を示すハンドリングが味わえた。

反面あまりにシャープすぎ、サスとタイヤの容量不足もあってスピンに陥りやすく、操縦には繊細な操作が要求されたのも事実だ。

画像: ステアリングはMOMO製。真下が0指針の4連ホワイトフェースメーターの中央に大径のタコメーターを配置。ピュアスポーツならではの景色だ。

ステアリングはMOMO製。真下が0指針の4連ホワイトフェースメーターの中央に大径のタコメーターを配置。ピュアスポーツならではの景色だ。

ビート、カプチーノとともにABCトリオ(頭文字から呼ばれた)の一角をなし、スズキにOEM供給したモデルがキャラの名で販売されたりもしたが、尖鋭的すぎるハンドリングと実用性の低さがネックとなり、95年末にわずか3年で生産を終了した。

画像: 1993年にスズキへOEM供給され「キャラ」の名で販売されたが、アルトワークスに太刀打ちできなかったのが惜しまれる。

1993年にスズキへOEM供給され「キャラ」の名で販売されたが、アルトワークスに太刀打ちできなかったのが惜しまれる。

AZー1(1992年)主要諸元

●全長×全幅×全高:3295×1395×1150mm
●ホイールベース:2235mm
●重量:720kg
●エンジン型式・種類:F6A型・直3 DOHCターボ
●排気量:657cc
●最高出力:64ps/6500rpm
●最大トルク:8.7kgm/4000rpm
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:155/65R13
●価格:149万8000円

画像: 平成スポーツカー図鑑は、ホリデーオート2019年4月号でも紹介しています。

平成スポーツカー図鑑は、ホリデーオート2019年4月号でも紹介しています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.