2019年は首都圏・中京圏・関西・九州に加え、北海道と四国でも初めて実施

昨年実施され、好評だった高速道路乗り降り自由の定額プラン「ツーリングプラン」が今年も行なわれることに決まりました。

利用可能期間は4月26日(金)~11月30日(土)(北海道は10月31日(木)まで)です。

画像1: 2019年は首都圏・中京圏・関西・九州に加え、北海道と四国でも初めて実施

この「ツーリングプラン」とは、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、宮城県道路公社、京都府道路公社および兵庫県道路公社が、二輪車ツーリングライダー向けに行なうETCのお得なサービスです。

画像2: 2019年は首都圏・中京圏・関西・九州に加え、北海道と四国でも初めて実施

事前に、NEXCO各社の公式ウェブサイトで申し込みを行なうことで利用ができます。高速道路に乗る直前にスマホからの申し込みもOKです。

今年は四国・北海道にもコースが設定され、全19コースとなっています。

※地図と概要はオリジナルサイトでのみPDF版が開けます。

〈北海道〉
(1)道南・道北コース 3日間 6,000円
(2)道南・道東コース 3日間 6,000円

※北海道コースの地図と概要はこちら

〈首都圏〉
(3)関越道・上信越道コース 3日間 5,000円
(4)東北道・常磐道コース 3日間 7,500円
(5)東関東道・館山道コース 2日間 2,500円
(6)東名・中央道・中部横断道コースミニ 2日間 3,000円 NEXCO中日本 公式WEBサイト 「速旅」
(7)東名・中央道・中部横断道コースワイド 2日間 4,000円

※首都圏コースの地図と概要はこちら

〈中京圏〉
(8)東名・中央道コース 3日間 5,000円
(9)伊勢道コース 2日間 3,000円
(10)東海北陸道・北陸道コース 3日間 5,000円
(11)中央道・東海北陸道コース 2日間 2,500円

※中京圏コースの地図と概要はこちら

〈関西〉
(12)名神・北陸道・京都縦貫道コース 2日間 3,500円
(13)中国道・山陽道・播但道コース 2日間 3,000円
(14)阪和道コース 2日間 2,500円

※関西コースの地図と概要はこちら

〈四国〉
(15)香川・徳島・高知コース 2日間 3,000円
(16)愛媛・高知コース 2日間 3,000円

四国コースの地図と概要はこちら

〈九州〉
(17)熊本・佐賀・長崎コース 2日間 3,000円
(18)熊本・大分・福岡コース 2日間 3,000円
(19)熊本・宮崎・鹿児島コース 3日間 4,500円

※九州コースの地図と概要はこちら

画像1: ※地図と概要はオリジナルサイトでのみPDF版が開けます。

これ、活用すればかなりお得です。そのため、昨年はロングツーリングに泊まりがけで出かけた人も多いでしょう。

たとえば、「(4)東北道・常磐道コース」でいうと東北道・川口JCT(埼玉)から三陸自動車・道鳴瀬奥松島IC(宮城県)まで行くと片道で通常だったら7,190円。それが、7,500円で乗り降りし放題となります。

このコースは3日間有効なので、往復すればそれだけで半額くらいになっちゃいます。さらに東北道の途中のICで降りて、蔵王エコーラインや磐梯吾妻スカイラインなど各地の名道へ寄り道すれば、どんどんお得度は増しますね。

画像2: ※地図と概要はオリジナルサイトでのみPDF版が開けます。

単に高速道路で長距離をダーッと走るの自体、爽快ですよね。乗り降り自由なので、日帰りで長距離を走りたい、という人もちょっともったいない気もしますが活用できます。

申し込みは4月24日(水)から行なえます。使いたいエリアのルートをチェックして、さっそくゴールデンウイークから使ってみるのもおすすめですよ!

撮影/南 孝幸

※地図と概要はオリジナルサイトでのみPDF版が開けます。

詳しくはNEXCO中日本のウェブサイトでご確認ください。

申し込みはNEXCO各社のHPで行なう必要がありますが、こちらから飛べます!

記事中の写真はオートバイ女子部の葉月美優さんが東京から大阪をGSX250Rで一気走りしたときの模様です。その記事はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.