2019年4月18日(現地時間17日)、スバルは米国ニューヨークにて開催中の2019ニューヨーク国際オートショーで、新型「アウトバック(米国仕様)」を世界初公開した。

さらにタフさを増したスバルのフラッグシップ クロスオーバーSUV

アウトバックは、レガシィ(セダン&ツーリングワゴン)をベースとした乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVだ。1995年の初代発売以来、今回のフルモデルチェンジで6代目となる。

今回の新型でも「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、さらなる進化を遂げている。

画像1: さらにタフさを増したスバルのフラッグシップ クロスオーバーSUV

エクステリアはスピード感のあるシルエットに、厚みを強調したボディパネルや、従来型からさらに力強さを増したクラッディングを組み合わせることで、一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさを表現している。

全長と全幅はシカゴオートショーで発表された新型レガシィセダン(https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17249194)とほぼ同じだが、最低地上高は220mmあり、車高は180mm高い。

細くシャープなメッキフレームにしっかりとした太さのバーを組み合わせ、堂々とした風格と力強さを主張するワイドなグリル、縦型3連LEDフォグランプ、ウインドーフレームと連動性を持たせた新デザインのアウターミラー、ピーク位置を下げてボディの厚みを強調したリアゲート、強調されたCシェイプモチーフノリアコンビランプなどが特徴的だ。

画像2: さらにタフさを増したスバルのフラッグシップ クロスオーバーSUV

インテリアは、見晴らしの良い高いアイポイント、最適化されたピラー形状により死角を最小化し、優れた視界性能を確保している。

11.6インチのフルHD縦型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムを採用し、さまざまな情報をタブレット感覚で使える。

ドライバーの居眠りや脇見運転検知に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整するドライバーモニタリングシステムも採用している。上級グレードではブラウンのナッパレザーを使ったシート(ベンチレーション内蔵)も装備している。

画像3: さらにタフさを増したスバルのフラッグシップ クロスオーバーSUV

米国仕様のエンジンは低回転域から力強いトルクを発生する2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化により効率を高めた2.5L水平対向4気筒エンジンの2種類を設定。

トランスミッションはリニアトロニックCVTを組み合わせる。意図したとおりにクルマをコントロールできる、アクティブトルクベクタリングも採用している。

車体剛性を最適化するSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)と組み合わせることで、歴代モデルで定評のある動的質感をさらに向上している。

画像4: さらにタフさを増したスバルのフラッグシップ クロスオーバーSUV

運転支援システム「アイサイト」には、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加している。フロントガラスにLEDの光を投影してアイサイト作動状態を直感的に知らせるアイサイトアシストモニター、LEDヘッドライト、後退時自動ブレーキ、後側方警戒支援システムなども、先進安全装備は充実している。

画像5: さらにタフさを増したスバルのフラッグシップ クロスオーバーSUV

米国仕様の新型アウトバックは、米国生産拠点「スバル of インディアナ・オートモーティブ」で生産され、2019年秋から販売を開始する予定だ。気になる日本デビューの時期だが、2020年春と噂されているが…。少しでも早い登場に期待したい。

画像6: さらにタフさを増したスバルのフラッグシップ クロスオーバーSUV

新型アウトバック(米国仕様) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4860×1855×1680mm
●ホイールベース:2745mm
●重量:未発表
●エンジン型式・種類:FB25型<FA24型>・水平対向4気筒 DOHC<同+ターボ>
●排気量:2498cc<2387>
●最高出力:182hp/5800rpm<260/5600>
●最大トルク:239Nm/4400rpm<376/2000-4800>
●トランスミッション:リニアトロニックCVT
●駆動方式:フロント縦置きAWD

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.