シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

タナックス「MOTO FIZZ」ブランドのヒットシリーズである“シェル”を採用したバッグに、容量25Lで、使い勝手のいい「シートシェルケース」が加わります。

画像1: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

このシリーズは、トップ部にポリカーボネート、サイド(底)部に高強度のポリエステルを組み合わせたハイブリッドケースです。

画像2: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

ハードケースのようなタフなルックスと、ソフトケースの気軽さを組み合わせ、発売以来人気を呼んでいます。

画像3: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

5月27日(月)から発売開始されるこの「シートシェルケース」は、既存のサイドバッグ製品「ツアーシェルケース」のシートバッグ版が欲しい、という声を受け、開発に至ったそう。

そのため、両製品の相性は抜群です。ほら!!

画像4: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

装着の簡単さも魅力。近年のタナックス製品に多く採用されている「Kシステムベルト」は、一度シートに装着してしまえば、4つのバックルで止めるだけという優れもの。

画像5: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

また、フレームや荷掛けフックに取り付けるベルトも合わせて標準装備されています。

画像6: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

装着は縦・横どちらでもOKというのも面白いですね。さまざまな車種に装着できるでしょう。

画像7: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

上下の写真の装着向きをご覧ください。(……クロスカブはどちらも似合いますねえ!)

画像8: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

トップに備わったベルトや、ツーリングネットを使用することでケースの上にもさらに積載することが可能。この「拡張性」、ツーリングライダーの心をくすぐりますねえ。

内部は、スーツケースのようにシンプルで、ファスナーはガバッと開くためモノが入れやすくなっています。バイクに装着している状態でも、かなり出し入れしやすそうです。

画像9: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

25Lという容量は、これひとつでレインスーツのほか、着替えなどを入れて、泊まりがけのツーリングにも出られるサイズ。

下の写真のようにアウトドアアイテムを入れて、景色のいいところでコーヒーを沸かして飲む、なんてのも粋ですね。

画像10: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

雨には付属のレインカバーで対応。このレインカバーがよく考えられていて、拡張して使う際にも困らないようかなり大きめに作られています。

持ち運びやすいようショルダーベルトも付属しています。

画像11: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

カラーはブラック、ヘアラインシルバー、カーボン柄の三種で、価格はいずれも税抜18,000円です。

画像12: シンプル構造、簡単装着、収納力抜群のスクエア型……これは絶対使いやすい!

TANAX シートシェルケース
容量:25L
最大収納重量:5.0㎏
本体サイズ:240(H)×420(W)×270(D)mm
パッケージ:240(H)×420(W)×270(D)mm
本体重量:1.5kg
材質:ポリカーボネイト・1680Dポリエステル
内容:バッグ本体×1・Kシステムベルト×1・固定ベルト×4・接続バックル×1・ショルダーベルト×1・レインカバー×1
価格:¥19,440(本体価格¥18,000)
2019年5月27日(月)発売予定

TANAX 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.