2019年4月17日、日産自動車は6月に発売予定のGT-R 2020年モデルを発表した。あわせて、GT-R NISMOの2020年モデルと、GT-RおよびフェアレディZの生誕50周年を記念した限定モデルも公開した。(タイトル写真は、星野 専務執行役員と田沼 車両開発主管)

2020年モデルは妥協することなく「速さの質」を追求

GT-Rは常に進化を続けている。2020年モデルでは、妥協することなく「速さの質」を追求し、加速やハンドリングにこれまでに培ってきたレーステクノロジーを惜しみなく投入することで、さらなる深化を遂げている。

画像: ボディカラーはワンガンブルー

ボディカラーはワンガンブルー

3.8LのV6ツインターボエンジンには、GT-R NISMOに採用してきたレスポンス向上に貢献するターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用し、吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現している。

また、あらゆるシーンでより最適なギアを選択し、コーナリング時にエンジンパフォーマンスをより堪能できる変速を実現するため、Rモード専用のアダプティブシフトコントロールのシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定した。サスペンションも新たにセッティングされている。

画像: GT-R ブラックエディション

GT-R ブラックエディション

ブレーキは従来よりも軽い踏力で制動力が立ち上がるよう、ブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させ、短いストロークで効きが立ち上がるコントロール性の良いブレーキを実現している。ボディカラーには、見る角度により表情を変える新色のワンガンブルーを設定した。

画像: GT-R プレミアムエディションのインテリア

GT-R プレミアムエディションのインテリア

車両価格(税込み)はGT-R ピュアエディションが1063万1520円、同ブラックエディションが1253万9880円、同プレミアムエディションが1210万5720円となっている。

GT-R NISMO 2020年モデル

画像: GT-R NISMO

GT-R NISMO

GT-R NISMOの2020年モデルでは、2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーを採用し、出力を落とすことなくレスポンスを約20%向上させている。

画像: GT-R NISMOのインテリア

GT-R NISMOのインテリア

車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を使用し、車両を軽量化することによりコーナリング性能を向上している。新開発のレカロシート、フロントフェンダーのエアダクト、カーボンセラミックブレーキなども採用し、合計で約30kgの軽量化を果たしている。

GT-R NISMOの2020年モデルは、2019年5月中旬から先行予約受付を開始する。

GT-R 50th アニバーサリー

画像: GT-R 50thアニバーサリー

GT-R 50thアニバーサリー

スカイライン 2000GT-Rの生誕50周年を記念した「GT-R 50th アニバーサリー」は、2020年モデルのプレミアムエディションをベースに、日本GPシリーズで活躍したGT-Rレーシングカーのエクステリアモチーフとしたツートンカラーの外観色の組み合わせを象徴的に取り入れた。インテリアにはミディアムグレーの専用内装色を採用している。

画像: GT-R 50thアニバーサリーのインテリア

GT-R 50thアニバーサリーのインテリア

車両価格(税込み)はボディカラーによって異なり、ワンガンブルーが1351万6200円、アルティメイトメタルシルバーが1347万3000円、ブリリアントホワイトパールが1319万2200円。2020年3月末までの期間限定モデルとして、2019年6月に発売される。

フェアレディZ 50thアニバーサリー

画像: フェアレディZ 50thアニバーサリー

フェアレディZ 50thアニバーサリー

フェアレディZの生誕50周年を記念した「フェアレディZ 50thアニバーサリー」は、1970年にアメリカのSCCAレースで優勝したダットサン240Z BREのデザインを新たな形で再現した。ブリリアントホワイトパールのボディにバイブラントレッドの組み合わせと、ブリリアントシルバーのボディにダイヤモンドブラックの組み合わせの2種類のカラーリングを設定。

画像: フェアレディZ 50thアニバーサリーの専用アイテム(北米仕様)

フェアレディZ 50thアニバーサリーの専用アイテム(北米仕様)

インテリアにはレーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールの他、専用のキッキングプレート、シフトノブ、パワーシートやドアトリムを採用。2020年3月末までの期間限定モデルとして、2019年夏に発売予定。価格は未定。

なお、GT-R NISMO 2020年モデルと、GT-R 50thアニバーサリー、およびフェアレディZ 50thアニバーサリーは、東京銀座にある「ニッサン クロッシング」にて展示される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.