2019年4月17日、ボルボ・カー・ジャパンはV60 Cross Country(クロスカントリー)を全面改良して発売を開始した。(タイトル写真は、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長)

V60クロスカントリーは、いちばんスウェーデンらしいクルマ

ボルボが世界的に好調だ。2014年から右肩上がりで、2018年は全世界で64万台以上、日本でも1万7000台以上を販売。2019年1〜3月の販売台数実績も前年同期比でグローバルでは+9.4%、日本でも+12.1%と堅調に伸びている。2019年の日本市場の販売予測は、1万8500台から2万台に上方修正されるほどだ。

画像: 車高はタワーパーキングに収まる1505mmにおさえられている。

車高はタワーパーキングに収まる1505mmにおさえられている。

そんな日本市場にデビューした新型V60クロスカントリーは、プレミアム・ミッドサイズ ステーションワゴン V60の派生モデル。V60をベースにオフロード性能を高め、ボルボ・カー・ジャパンの木村社長いわく「いちばんスウェーデンらしいクルマ」だ。

画像: フェンダーエクステンションの採用で、全幅はV60より45mm広がっている。

フェンダーエクステンションの採用で、全幅はV60より45mm広がっている。

クロームで縁取られたマットブラックの専用フロントグリル、大径タイヤを収めるフェンダーエクステンション、グロスブラックのサイドウインドー トリムなどを専用装備し、タフでエレガントなスタイルを両立している。

画像: 9インチのセンターディスプレイは手袋をしたままでも操作が可能だ。

9インチのセンターディスプレイは手袋をしたままでも操作が可能だ。

XC40/60/90と同じ210mmの最低地上高を確保しながら、全高はタワーパーキングに収まる1505mmを実現した。また、V60シリーズのガソリンモデルでは(プラグインハイブリッドを除く)初のAWD車となる。

画像: パワートレーンは2Lの直4ガソリンターボエンジン+8速ATのみ。

パワートレーンは2Lの直4ガソリンターボエンジン+8速ATのみ。

パワートレーンは、2L 直4ターボのガソリンエンジンと8速ATの組み合わせのみ。ディーゼルエンジンの設定はないが、将来的にはPHEVが導入される可能性は高い。

先進安全・運転支援技術ではV60と同等の装備を搭載し、シティセーフティ(衝突回避・被害軽減ブレーキシステム)に「対向車対応機能」を新たに搭載するなど、合計16種類以上の先進安全機能「インテリセーフ」を標準装備し、ボルボならではの安全性の向上を実現している。

画像: 本革シートはオプション。標準装備はTーTec/テキスタイルのコンビとなる。

本革シートはオプション。標準装備はTーTec/テキスタイルのコンビとなる。

税込み価格は、V60クロスカントリー T5 AWDが549万円、上級仕様のV60クロスカントリー T5 AWD Proが649万円。なお、ボルボ・カー・ジャパンでは、2019年内にセダンのS60も導入が予定されている。

画像: ラゲッジスペースの広さはV60と変わらずフル乗車時で529L。上級グレードはパワーゲートも標準装備。

ラゲッジスペースの広さはV60と変わらずフル乗車時で529L。上級グレードはパワーゲートも標準装備。

ボルボ V60 T5 AWD Pro 主要諸元

●全長×全幅×全高:4785×1895×1505mm
●ホイールベース:2875mm
●重量:1810kg
●エンジン型式・種類:B420型・直4 DOHCターボ
●排気量:1968cc
●最高出力:254ps/5500rpm
●最大トルク:350Nm/1500-4800rpm
●JC08モード燃費:11.6km/L
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:横置き4WD
●タイヤサイズ:235/45R19
●価格:649万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.