マセラティは、現在中国で開催されている上海モーターショー2019において、マセラティ・チェントロ・スティーレ(デザインセンター)がカスタマイズした「クアトロポルテ グランルッソ ONE OF ONE」を展示している。

イタリアらしさを強調した特別な1台

上海モーターショー2019のマセラティブースで一際注目されているのが、「クアトロポルテ グランルッソ ONE OF ONE」だ。

これはマセラティの今後のカスタマイゼーションプログラムの先陣を切る1台で、VIP顧客であり「T-Magazine」のオーナー兼編集長であるフェン・シュエン氏のために、マセラティ・チェントロ・スティーレがフルカスタマイズを施しデザインされたモデル。

画像: Quattroporte GranLusso ONE OF ONE(クアトロポルテ グランルッソ ワン オブ ワン)

Quattroporte GranLusso ONE OF ONE(クアトロポルテ グランルッソ ワン オブ ワン)

これはフェン・シュエン氏が、パーソナルなストーリーをマセラティ・チェントロ・スティーレに伝えることで、それをマセラティに反映させるという特別なプロジェクト。

マットに仕上げたライトブルーのボディカラー、黒とアイスホワイトの組み合わせによるインテリアカラー、そして紳士服のピンストライプ柄にインスパイアされた縦のステッチのシート表皮、センターコンソールやダッシュボード、ドアパネルにあしらわれた本杢など、すべてが新しい。

今回、上海モーターショーのマセラティブースでは、高級紳士服ブランドの「エルメネジルド ゼニア」、家具で名高い「ジョルジェッティ」、金属加工のリーディングカンパニーである「デ・カステッリ」のイタリアブランド3社と協同で展示を行っている。

画像: 上海モーターショー2019マセラティブース。

上海モーターショー2019マセラティブース。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.