2019年4月16日、ホンダは中国・上海で開催されている上海モーターショーにおいて、中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカー「XーNV コンセプト」をワールドプレミア(世界初公開)した。

XーNV コンセプトは、CR-Vやヴェゼルにも似たクーペSUV風のEV

画像: ホンダ XーNVコンセプト

ホンダ XーNVコンセプト

今回発表されたXーNVコンセプトは、本田技研科技(中国)有限公司と東風本田汽車有限公司(以下、東風ホンダ)との共同開発により、東風ホンダとして中国市場に投入する初の量産EVのコンセプトモデルで、2019年後半の発売を予定している。

画像: リアビューは他のホンダSUVとは異なるイメージ

リアビューは他のホンダSUVとは異なるイメージ

ここで紹介している画像以外の詳しい情報は発表されていないが、外観はCR-Vやヴェゼルなど、ホンダのSUVに共通のイメージでまとめられたスタイリングのクーペSUV風。フロントグリルに充電用のポートを備えている。

画像: 給電ポートはフロントグリル内に備えている。

給電ポートはフロントグリル内に備えている。

ホンダは「2025年までに中国市場へ20機種以上の電動化モデルを投入する」という中国における電動化の中期ビジョンを2018年に掲げ、広汽本田汽車有限公司より発表した中国専用電気自動車「理念 VE-1」を始めとして、2020年以降にはプラグインハイブリッド搭載モデルの投入も予定している。

さらに四輪車以外にも、2018年に発表した電動二輪車「VーGO(ブイゴー)」や、電動小型モビリティ「Transcooter(トランスクーター)」など、さまざまなモビリティにおいて電動化を加速させていく。

画像: 2018年に発表された「理念 VE-1」

2018年に発表された「理念 VE-1」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.