2019年4月13日、ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)2019シリーズが岡山国際サーキットで開幕、13日に行われた第1戦は上村優太、14日の第2戦は笹原右京が優勝した。

開幕戦を制したのは参戦3年目の上村優太

公式予選と開幕第1戦が行われた4月13日は絶好のコンディションで、予選ではコースレコードを更新するマシンが続出。そんな中、ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)参戦3年目の上村優太がポールポジションを獲得、2013-2014覇者の小河諒、PCCJジュニアプログラムドライバーの笹原右京が続いた。

続いて行われた決勝では上村がポールから好ダッシュを見せ、追いすがる笹原を引き離して快勝した。ジェントルマンクラスでは山口智英が参戦2年目にして初優勝を飾った。

画像: 開幕第1戦は上村優太がポールトゥフィニッシュを飾る。

開幕第1戦は上村優太がポールトゥフィニッシュを飾る。

ポルシェ カレラカップ ジャパン2019 第1戦

優勝 31上村優太
2位 19 笹原右京
3位 78 大滝拓也

ジュニアプログラムドライバー笹原右京が第2戦を制す

翌4月14日に行われた第2戦は一転してウエットコンデョンでのバトルとなる。前日の公式予選のセカンドベストタイムで決められたグリッドは、ポールポジションが上村優太、2番手が笹原右京だった。

決勝はセーフティカー先導で開始され、レーススタート後も降り止まぬ雨の中、笹原が上村をパス。その後もふたりのバトルは続いたが、笹原が第1戦の借りを返す形となった。ジェントルマンクラスでは永井秀貴が初優勝を飾っている。

ポルシェ カレラカップ ジャパンの第3-4戦は、5月3-4日、富士スピードウェイで開催される。

画像: 雨の中で行われた第2戦のウイナーはPCCJジュニアプログラムドライバーの笹原右京。

雨の中で行われた第2戦のウイナーはPCCJジュニアプログラムドライバーの笹原右京。

ポルシェ カレラカップ ジャパン2019 第2戦

優勝 19 笹原右京
2位 31 上村優太
3位 60 小河諒

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.