アメリカで大学教育を受け、助監督や脚本家としてヨーロッパでも活躍するムンバイ出身のロヘナ・ゲラ監督のデビュー作「SIR」が邦題『あなたの名前を呼べたなら』として、2019年8月2日(金)よりBunkamuraル・シネマほかにて全国順次公開することが決定した。
画像: 差別が残るインド社会に一石を投じる『あなたの名前を呼べたなら』公開決定

厳しい身分制度や因習を乗り越えて愛を育む男女の物語

本作の舞台は、経済発展著しいインドのムンバイ。農村出身のメイド、ラトナの夢はファッションデザイナーだ。夫を亡くした彼女が住み込みで働くのは、建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭…のはずだったが、結婚直前に婚約者の浮気が発覚し破談に。広すぎる高級マンションで暮らす傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは身の回りの世話をしていた。ある日、彼女がアシュヴィンにあるお願いをした事から、2人の距離が縮まっていくが…。

インドと欧米という2つの視点を持つ女性監督が、差別が残るインド社会に変革を起こしたいという情熱で作り上げた本作。厳しい身分制度や因習を乗り越えて愛を育む男女の物語は、インドではまだ本作のスタッフやゲラ監督の家族ですら「絶対に起こり得ない物語」と断言するタブーなのだ。

逆境をはね飛ばして夢に踏み出すラトナを演じるのは、『モンスーン・ウェディング』(2001)のティロタマ・ショーム。彼女自身もインド映画界を離れてニューヨーク大学の演劇教育の修士号を取得し、貧困や暴力に苦しむ人々のために活動した経験を持つ芯の強い女性だ。

そして『裁き』(2014)のインド系シンガポール人のヴィヴェーク・ゴーンバルが、ラトナのやさしさとおいしい食事に癒され、心のままに生きようと目覚める御曹司アシュヴィンを演じる。

またフランス仕込みのシックなインテリアや、ラトナが目を輝かせる布市場の路地など、ムンバイのおしゃれな一面も楽しい見所となっている。懐かしくて勇気が湧いてくる恋と目覚めの物語だ。

あなたの名前を呼べたなら
2019年8月2日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
配給:アルバトロス・フィルム
©2017 Inkpot Films Private Limited,India

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.