MotoGP第3戦アメリカズGPの土曜日の予選では、ホンダのエース、マルク・マルケスが7年連続ポールポジションを獲得! この時点で、マルケスの7年連続ポール・トゥ・ウイン・・・を予想した人は多かったと思いますが、一体どのような結果になったのでしょう・・・?

スズキ、2016年イギリスGP以来の優勝!!

決勝スタート! まず良い発進をしたのは予選3番手のカル・クラッチロー(ホンダ)。予選2位と好調のバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、そしてマルケスも良いスタートで、ホールショット争いはマルケスが制します。一方、ランキング2位で同首位のマルケスを追うアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)はオープニングラップで13位から6位まで大きく順位を回復しました。

しばらくロッシはマルケスに食らいつきますが、5周目にはその差が1秒以上に拡大。2位争いはロッシのほか、クラッチロー、ジャック・ミラー(ドゥカティ)、そしてスズキのアレックス・リンスという展開になってきました。

画像: 予選2位の好位置から、2017年オランダGP以来の久々の勝利をV.ロッシ(右)は目指しましたが・・・。 race.yamaha-motor.co.jp

予選2位の好位置から、2017年オランダGP以来の久々の勝利をV.ロッシ(右)は目指しましたが・・・。

race.yamaha-motor.co.jp

しかしクラッチローは6周目で転倒して脱落! さらにホンダ勢に不運が伝染したのか、9周目に3秒以上の差を2位につけていた首位のマルケスが転倒! そしてマルケスの僚友のホルヘ・ロレンソもリタイア・・・。ワークスRC213Vはこの時点で全車リタイアとなってしまいました。

アメリカズGPで圧倒的な実績を持つマルケスがレースを去った後、首位争いの焦点はマルケスに代わり首位に立ったロッシと、ミラーを抜いて2位に浮上したリンスのふたりに移りました。ロッシの久々の90勝目となる最高峰クラス優勝か・・・? それともリンスのMotoGP初優勝か・・・? 

20周のレースで、ロッシは16周目まで首位を守りましたが、仕掛けたリンスが上手くロッシの前に立ち17周目から首位を走ることになります。ロッシも諦めずにリンスとのバトルに挑みますが、最終的にはリンスの先行を許して2位に・・・。そしてリンスは嬉しい初優勝となりました!

ランキング争いはA.ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が首位に!

3位はサテライト勢最上位となるJ.ミラーが見事獲得! そして4位にはドヴィツィオーゾが入り、ランキングリーダーとなりました! マルケスがノーポイントだったため、ランキング2位にロッシ、3位がリンスとなり、マルケスは4位に後退・・・しかし、首位との差はわずか9ポイントで、欧州ラウンドに入る前に王者争いは混戦模様となっております。

続く第4戦スペインGPは、連休中の5月5日決勝です! 楽しみにその日を待ちましょう!

MotoGP2019 第3戦アメリカズGP 決勝
1 A.リンス スズキ 41'45.499
2 V.ロッシ ヤマハ + 0.462
3 J.ミラー ドゥカティ + 8.454
4 A.ドヴィツィオーゾ ドゥカティ + 9.420
5 F.モルビデリ ヤマハ + 18.021
6 D.ペトルッチ ドゥカティ + 21.476

MotoGP2019 ランキング ※4月15日現在
1 A/ドヴィツィオーゾ ドゥカティ ITA 54
2 V.ロッシ ヤマハ ITA 51
3 A.リンス スズキ SPA 49
4 M.マルケス ホンダ SPA 45
5 D.ペトルッチ ドゥカティ ITA 30
6 J.ミラー ドゥカティ AUS 29

This article is a sponsored article by
''.