FCAジャパンは、フィアットのスモールSUV「500X(チンクエチェント エックス)をマイナーチェンジして、5月18日(土)から発売すると発表した。

SUVらしさを強調するスタイルに新世代エンジンを搭載

フィアット 500Xは、フィアット初のスモールSUVとして2015年10月に日本に導入された。

今回のマイナーチェンジでは、新世代のオールアルミ製1.3L直列4気筒 “FireFly”ターボエンジンを搭載した。燃焼室形状の最適化や、フィアットの独自技術であるマルチエアの進化により、最高出力は従来モデル比で11ps増の151ps、最大トルクは20Nm増の270Nmを発生する。

さらに燃費は従来の1.4Lターボエンジンに比べて約10%向上している(欧州計測参考値)という。組み合わされるトランスミッションは6速DCT、駆動方式はFFのみ。

画像1: SUVらしさを強調するスタイルに新世代エンジンを搭載

エクステリアでは前後バンパーのデザインが一新され、SUVらしさを強調するクロススタイルを採用し、親しみやすいデザインの中にも力強さを表現している。

上級グレードの500X クロスでは、新デザインのヘッドライトのほかドライビングライトやリアコンビネーションランプがLED式へと変更された。デイタイムドライビングライト及びポジショニングライトは上下で分割され、フィアット 500ファミリーのシンボルである「500」のロゴをモチーフにしたデザインが採用されている。

レザーステアリングホイールや前席シートヒーター、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター付きのインフォテインメントシステム、衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報、車線逸脱警報、リアパーキングカメラなど、日常の運転に不可欠な快適・安全装備を全車標準採用している。

画像2: SUVらしさを強調するスタイルに新世代エンジンを搭載

さらに500X クロスでは、LEDヘッドライトやレザーシート(前席8ウエイ電動アジャスト)、パドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、フロントパーキングセンサーなど、長距離でも快適にドライブを楽しめる機能が充実している。

車両価格(税込み)は、受注生産の500Xが298万円、500X クロスが334万円。

フィアット 500X クロス 主要諸元

●全長×全幅×全高:4280×1795×1610mm
●ホイールベース:2570mm
●重量:1440kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●排気量:1331cc
●最高出力:151ps/5500rpm
●最大トルク:270Nm/1850rpm
●WLTCモード燃費:13.5km/L
●トランスミッション:6速DCT
●駆動方式:横置きFF
●価格(税込み):334万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.