125ccに加え、原付免許で乗れる50ccと、高速道路を走れる150ccが登場して、ますます人気のプジョー・ジャンゴですが、ジャンゴ専用のアクセサリーパーツも続々入荷してきております。今回は特にお問い合わせの多いアイテム、U字ロックとボディカバーの2つをご紹介します。

まずはU字ロックのご紹介!

ジャンゴのホイールは、このように特徴的なカタチをしています。16本スポークというか、16穴というか、スタイリッシュで繊細なデザインがジャンゴにピッタリですね。

画像1: まずはU字ロックのご紹介!

素敵なデザインではあるのですが、問題が一つ。穴が小さいため、太いワイヤーやチェーンのロックが使えないのです。仕方なくディスクロックなどを使用するユーザー様が多かったのですが、今回「ジャンゴ専用U字ロック(¥15,000 税別)」が入荷しました!

画像2: まずはU字ロックのご紹介!

パッケージのイラストも可愛いですねー。本体には、DJANGOのロゴもちゃんと入っています。では早速使ってみましょう!

まずはロック部分を外します。カギはいたずらされにくい八万ロック型。DJANGOロゴが入った赤いパーツは、カギ穴を水や汚れから守るキーシャッターです。

取り付けの前には、車体側の準備が必要です。U字ロックを取り付ける時の「ガイド」を左フロントフォークに付けます。こんな感じ。

画像3: まずはU字ロックのご紹介!

そして、そのガイドにU字のパーツを差し込みます。すると、さすがメーカー純正のジャンゴ専用設計!ホイールの穴にピッタリはまります!

で、反対側にロック部分を差し込み、カギをかけて終了。しつこいようですがジャンゴ専用設計なので、取り付けた時もムダな隙間がありません。

画像4: まずはU字ロックのご紹介!

ムダな隙間がないということは、「ロックを壊されにくい」ということなんですね。大切なジャンゴを守るためにも、これはもう必須アイテムと言えるでしょう!

もう一つはボディカバー!

「ボディカバー(¥12,000 税別)」も、オーナー待望のアイテムの一つ。ロゴの入ったリュックタイプの袋に入っています。この袋がとても可愛らしくて、ちょっとしたお出かけにも使いたくなります。

画像1: もう一つはボディカバー!

袋から出して、ジャンゴにかぶせてみるとこんな感じ。フロント部にプジョーロゴが、サイド部にジャンゴロゴがプリントされています。ジャンゴを愛するオーナーの方には、うれしい造りですね。

前後にドローコード、真ん中にはバックル付きのベルトが装備されているので、風が強い日などは、車体にぴったりとフィットさせることが可能です。

フロントホイール部分には、U字ロック用の穴が開いていますので、先ほどのジャンゴ専用U字ロックを装着することも可能です。

画像2: もう一つはボディカバー!

ナンバープレート部分は、透明のビニールになっていて、カバーをかけた状態でナンバーを確認することが可能です。集合住宅の駐輪場などで便利なのかもしれませんね。

画像3: もう一つはボディカバー!

そして、このボディカバーの一番スゴイところは、「車両に合わせて変形する!」ということ!!
一体どういうことかというと、例えば、オプションのロングスクリーン付きの車両の場合。

【ロングスクリーンの紹介記事はコチラ】

ボディカバーのスクリーン付近にあるジッパーを開くと、中から延長カバーがするすると出てきて......

画像4: もう一つはボディカバー!

ロングスクリーンを取り付けた状態でピッタリ合うようなサイズに変形するのです!
こんな感じ!!

画像5: もう一つはボディカバー!

ロングスクリーンだけじゃありません。トップケースにも合わせて変形しちゃいます。

【トップケースの紹介記事はコチラ】

同じくリアシート付近にあるジッパーを開いて……こんな感じ!

画像6: もう一つはボディカバー!

スクリーンやトップケースは、使用用途に応じて付けたり外したりすることもあるので、この「車両に合わせて変形する機能」は、とっても便利だと思います!!

これ以外にも、ジャンゴのアクセサリーパーツは続々入荷中!

画像7: もう一つはボディカバー!

赤坂ショールームで展示、販売しておりますので、ジャンゴオーナーのみなさまはぜひ遊びに来てください!

This article is a sponsored article by
''.