パナソニックは光学30倍ズームレンズ搭載のLUMIX TZ90の後継モデル、LUMIX TZ95を発表した。価格はオープンで実売約5万5000円前後。発売は2019年4月25日。

このLUMIX TZ95は20.3メガMOSセンサーと光学30倍の高倍率ズームを搭載するコンパクトデジタルカメラ。センサーは1/2.3型高感度MOSセンサーで、ヴィーナスエンジンにより、さらなる描画性能の向上を追求しているという。搭載レンズはTZ90と同様のLEICA DC VARIO-ELMAR 4.3-129mm F3.3-6.4レンズで、広角24mmから望遠720mm相当の画角をカバーする。また、望遠時に見失った被写体もズームアウトして素早く探せる「ズームバック機能」を新搭載。レンズシフト式の手ブレ補正機構を搭載し、暗い状況やフレーミング時に効果を発揮する。

画像: TZ95ブラック

TZ95ブラック

画像: TZ95上面

TZ95上面

画像: TZ95背面

TZ95背面

またファインダーを覗くと、自動でAF動作を開始し、被写体にピントを合わせるアイセンサーAF機能搭載の0.21型ライブビューファインダーを搭載。約233万ドット、0.53倍とTZ90よりもドット数、ファインダー倍率が向上している(TZ90は117万ドット、0.46倍)。液晶モニターは上方向に180度チルトが可能な3.0型約104万ドットのモニターでタッチパネル式。
さらにレンズ周囲に各種機能の割り当てが可能なコントロールリングも装備。撮影スタイルに合わせて機能を変えることができる。

画像: 180度チルト式のモニター

180度チルト式のモニター

画像: TZ95ホワイト

TZ95ホワイト

LUMIX TZ95仕様

●レンズ:LEICA DC VARIO-ELMAR 4.3-129mmF3.3-6.4(35mm判換算24-720mm)
●最短撮影距離:50cm(W端)、マクロ時3cm(W端)
●撮像素子:高感度MOSセンサー
●センサーサイズ:1/2.3型
●有効画素数:2030万画素
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
●ISO感度:ISO80-3200
●ファインダー:0.21型ライブビューファインダー(233万ドット)
●液晶モニター:3.0型(104万ドット)タッチパネル、上に180度チルト可能
●大きさ:112×68.8×41.6㎜
●重さ:328g(バッテリー、メモリカード含む)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.