横浜ゴムは、2019年のモータースポーツ計画を発表した。今年もモータースポーツ活動に積極的に取り組み、最高レベルの技術を追求するとともにマーケットの振興に貢献していくという。

全日本スーパーフォーミュラ選手権

2016年からワンメイク供給を開始した全日本スーパーフォーミュラ選手権では、新型車両SF19が導入される2019年もADVANレーシングタイヤの継続供給が決定した。2018年に引き続きミディアムコンパウンドと、ソフトコンパウンドの2スペックタイヤを供給する。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。タイヤサイズはフロント用が270/620R13、リア用が360/620R13となる。

画像: 全日本スーパーフォーミュラ選手権

全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催カレンダー

画像: 全日本スーパーフォーミュラ選手権 開催カレンダー

全日本F3選手権

2011年からワンメイク供給を開始した全日本F3選手権に、2019年も引き続きADVANレーシングタイヤを継続供給する。供給するタイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。タイヤサイズはフロント用が200/50VR13、リア用が240/45VR13。

全日本F3選手権 開催カレンダー

画像: 全日本F3選手権 開催カレンダー

FIAワールドツーリングカップ(WTCR)

「WTCR」は、2018年よりスタートしたTCR規定で行われるツーリングカーのレース。横浜ゴムは2006年から12年連続で「FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)」をサポート。その実績が認められ、2018年、2019年のワンメイクサプライヤーに指定された。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」で、タイヤサイズは250/660R18。今年は、モロッコ戦を皮切りに世界を転戦し、全10大会が予定されている。

画像: FIAワールドツーリングカップ(WTCR)

FIAワールドツーリングカップ(WTCR)開催カレンダー

画像: FIAワールドツーリングカップ(WTCR)開催カレンダー

TCRジャパンシリーズなど

2019年から初開催されるTCRレースシリーズに、ADVANレーシングタイヤをワンメイク供給する。横浜ゴムは同じくTCR規定で競われる「WTCR」のオフィシャルタイヤサプライヤーを務めていることが高く評価された。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」で、タイヤサイズは250/660R18。

「WTCR」「TCRジャパンシリーズ」に加え、地域選手権の「TCR Europe」や各国選手権の「TCR UK」「TCR Iberico」「TCR Benelux」を2018年に引き続きサポートする。また、2019年より新たに「TCR Germany」「TCR Scandinavia」のサポートが決定している。

スーパーGT

GT500では、2018年に引き続きKONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN GT-R」、LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN LC500」、TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」の3チームをサポート。GT300においても、ヨコハマタイヤユーザーを支えていく。2019年もタイ戦を含む全8大会が組まれており、各大会で多くの観客動員が見込まれている。

画像: スーパーGT

スーパーGT開催カレンダー

画像: スーパーGT開催カレンダー

ニュルブルクリンク24時間耐久レース/ニュルブルクリンク耐久シリーズ(VLN)

ニュルブルクリンクで競われるVLNシリーズおよびニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦するチームにタイヤを供給する。SUPER GTなどでサポートしているKONDO RACINGやBMWを使用するWalkenhorstなどのヨコハマタイヤユーザーにタイヤを供給、勝利を目指す。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。

全日本ラリー選手権

2019年は全10戦で競われる全日本ラリー選手権。ターマック(舗装路)では「ADVAN A052」および「ADVAN A08B」、グラベル(非舗装路)では「ADVAN A053」を中心としたラインアップでユーザーの走りを支える。

2018年はJN-6で新井敏弘選手/田中直哉選手がシリーズチャンピオン、奴田原文雄選手/佐藤忠宜選手がシリーズランキング3位を獲得。さらに、JN-5、JN-4 、JN-1で2位、JN-2で3位を獲得するなど多くのヨコハマタイヤユーザーが優秀な戦績を残した。2019年はより多くのクラスでチャンピオン獲得を狙う。奴田原文雄選手/佐藤忠宜選手は今年も「ADVAN」カラーマシンで参戦する。

全日本ラリー選手権 開催カレンダー

画像: 全日本ラリー選手権 開催カレンダー

全日本ジムカーナ選手権

2018年はPN-1とSA-1の2クラスでチャンピオンを獲得した全日本ジムカーナ選手権。今シーズンも「ADVAN A050」「ADVAN A052」「ADVAN A08B」の高性能を武器に、多くのクラスでチャンピオン獲得を目指す。昨年PN-1クラスで優勝した斉藤邦夫選手は今年も「ADVAN」カラーマシンで参戦する。

全日本ダートトライアル選手権

「ADVAN A053」をはじめ、軟質路面用「ADVAN A031」や超硬質路面用「ADVAN A036」など幅広い路面に対応したタイヤラインアップを武器に、2018年はSC-1、SC-2、D部門の計3クラスでシリーズチャンピオンを獲得。トップクラスのD部門を制した谷田川敏幸選手は「ADVAN」とともに2013年から同クラス6連覇の偉業を達成した。

その他

オフロードレースでは、SUV/ピックアップトラック向けタイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」を擁し、北米地域でのデザートレースやアジアで行われるアジアクロスカントリーラリーなど海外で開催されるオフロードレースに参戦する。

またカートレースでは、国内の頂点に位置する全日本カート選手権の最高峰クラスであるOK部門に参戦。2018年は同部門でヨコハマタイヤ初となるシリーズチャンピオンを獲得、今年は4台のヨコハマタイヤユーザーのチームやドライバーとともに勝利を目指す。

またジュニアカート選手権では2018年に引き続き、FP-ジュニアCadets部門をサポート。昨年発売したCadets部門向けドライタイヤ「ADVAN SLJ(名称:ADJ)」をワンメイク供給。海外でもアジア・カーティング・オープン選手権へのワンメイク供給を継続。またフィリピンなどのサーキットレースに向けて幅広くタイヤ供給を行っていくという。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.