2019年4月5日、FCAジャパンはフィアット 500(チンクエチェント)に120台の限定車「500 Unisex(ユニセックス)」を設定して発売した。

ボディカラーと内装色は専用の2色から選択可能

この限定車は、イタリアを代表する高級家具メーカーであるポルトローナ・フラウ社製のレザーシートを採用した、贅沢な内装が特徴。

ベース車は「500 ツインエア ラウンジ」で、高出力と低燃費を高次元で両立した2気筒ターボ エンジンの「ツインエア」を搭載し、バイキセノンヘッドライトやガラスルーフ、フルオートエアコンなど豪華装備が充実している。

さらに、16インチアルミホイールやクローム仕上げのドアミラーカバーが特別装備され、特別なチンクエチェントに仕立てられている。

さらに、ボディカラーはオペラ ボルドーとコロッセオ グレー、内装色はボルドー/アイボリーおよびブラウン/アイボリーと、それぞれ限定車専用の2色から選ぶことができる。フェミニンな色の組み合わせやマスキュリンな組み合わせ、あるいは中性的な組み合わせを選べることから、英語で“男女共用の”、“男女の区別がない”という意味を持つ「ユニセックス」という名称が与えられた。

画像: 写真左がオペラ ボルドー、右がコロッセオ グレーのボディカラー。

写真左がオペラ ボルドー、右がコロッセオ グレーのボディカラー。

ボディカラーと内装色の組み合わせによる限定台数は、以下のとおり。

オペラ ボルドーとボルドー/アイボリー:50台
オペラ ボルドーとブラウン/アイボリー:20台
コロッセ オグレーとボルドー/アイボリー:20台
コロッセ オグレーとブラウンアイボリー:30台
車両価格(税込)は、いずれも277万円。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.