日産自動車は、「ノート」が2018年度(2018年4月〜2019年3月)の販売で13万1760台を記録し、国内の登録車販売ランキングで1位を獲得したと発表した。

日産車が年度ナンバーワンを獲得したのは50年ぶり!

ノートは2018年暦年(2018年1〜12月)でも、統計史上初めてとなる登録車No.1を記録したが、年度の登録車販売で第1位を獲得したのは、1968年度に1位となった「ブルーバード」以来50年ぶりの快挙となる。

ノートは、2016年11月に追加した電動パワートレーン「e-POWER」が高い評価を得ており、実際にノートを購入したユーザーの約7割が「e-POWER」搭載車を選択しているという。

画像: 日産ノートe-POWER

日産ノートe-POWER

ミニバンセグメントNo.1もセレナが獲得

セレナも2018年度の国内販売で10万0017台を記録、ミニバンセグメントにおいてランキングの。1を獲得した。セレナもノートと同様、201年3月に追加された「e-POWER」搭載車が好評で、セレナとしては初となる10万台超えの年度販売に貢献した。

日産自動車 専務執行役員の星野朝子氏は、「『ノート』が、暦年に続き、2018年度の登録車販売でNo.1を、そして、『セレナ』が、年間10万台の販売を達成し、ミニバンNo.1を記録したことを大変嬉しく思っています。“ニッサン インテリジェント モビリティ”は、今後も進化します。『技術の日産』は、電動化・知能化をさらに推進し、新元号を迎える日本のお客さまに、これからもご期待以上のワクワクをお届けいたします。」と語った。

画像: 日産セレナe-POWER

日産セレナe-POWER

2018年度 販売ベスト20はこうなった

1位 日産・ノート 13万1760台(100.5%)
2位 トヨタ・アクア 12万7899台(99.2%)
3位 トヨタ・プリウス 11万5123台(77.2%)
4位 日産・セレナ 10万0017台(123.5%)
5位 トヨタ・シエンタ 9万5933台(105.7%)
6位 トヨタ・カローラ 9万4461台(122.2%)
7位 トヨタ・ヴォクシー 8万9944台(98.6%)
8位 トヨタ・ヴィッツ 8万8946台(103.2%)
9位 トヨタ・ルーミー 8万6645台(109.3%)
10位 ホンダ・フィット 8万5925台(86.2%)
11位 ホンダ・フリード 8万3670台(87.6%)
12位 トヨタ・タンク 7万3013台(102.8%)
13位 トヨタ・C-HR 7万2009台(70.3%)
14位 トヨタ・アルファード 6万3351台(140.9%)
15位 ホンダ・ヴェゼル 5万9974台(97.7%)
16位 トヨタ・クラウン 5万8548台(222.5%)
17位 トヨタ・ノア 5万6872台(98.6%)
18位 ホンダ・ステップワゴン 5万3478台(99.7%)
19位 SUBARU・インプレッサ 4万8865台(71.3%)
20位 トヨタ・パッソ 4万7183台(89.8%)

カッコ内は前年比

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.