東京都中央区にあるダイハツ工業 東京支社のショールームでは「軽自動車の進化」をテーマにした展示をスタートした。まずは、懐かしのミゼットと現代のハイゼットトラックを見ることができる。

ミゼットには左ハンドルがあった!?

ダイハツ工業 東京支社1階にあるショールームでは、創業110周年を迎えた2017年からさまざまなテーマで懐かしいモデルやモーターショーに出展されたコンセプトカーなどを展示している。

今回は「軽自動車の進化」をテーマに、1960年代に軽三輪のブームを巻き起こした「ミゼット」と、その進化版で現在販売されている軽商用車の「ハイゼットトラック」を展示中だ。

画像1: ミゼットには左ハンドルがあった!?

展示されているミゼットは、何と左ハンドル仕様だった! これは1959年に北米向けに「トライモービル」という名で800台の限定生産で販売されたMPA型。これを右ハンドルにしたMP2型が日本国内向けに発売された。

全長2970×全幅1295×全高1455mm、ホイールベースは1905mm。エンジンは空冷の単気筒305ccで、トランスミッションは3速MTだった。

ミゼットは1960年には年産8万6000台を超えるピークを迎えブームを巻き起こし、海外にも輸出された。インドネシアでは「ベモ」、タイでは「サムロタクシー」として評判になった。

画像2: ミゼットには左ハンドルがあった!?

ハイゼットは、東京オートサロン2019と大坂オートメッセ2019に出品された「ハイゼットトラック マルシェ」。ステレオカメラ方式の衝突回避支援システム「スマートアシストIII t」を搭載した現行モデルがベースで、「毎日を、おしゃれに、楽しく、にぎわうワークトラック」をコンセプトにカスタマイズされたモデルだ。

ベース車は全長3395×全幅1475×全高1780mm、ホイールベースは1900mm。エンジンは水冷直3DOHCの658ccで、トランスミッションは5速MTと4速ATがある。

画像3: ミゼットには左ハンドルがあった!?

並んだ2台を見ると、軽トラックの約60年での進化ぶりをあらためて感じさせてくれる。またショールームでは、写真のようなクリアファイルやステッカーを手に入れられることもある。

ダイハツ 東京支社ショールームの住所は、東京都中央区日本橋本町2-2-10。東京メトロ銀座線の三越前駅より徒歩3分。開館時間は平日の9時〜18時だが、イベント開催時は休館になる場合もあるので、ご注意を。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.