「アクアマン」「シャザム!」「ブラックライトニング」……DCコミックスが次々映像化される2019年。さらなる超大型プロジェクトとして登場するのが、DCTVシリーズ待望の最新作「クリプトン」だ。あの伝説のヒーロー、スーパーマンの先祖が繰り広げる英雄譚を超どデカいスケールで描く。(文・前田かおり/デジタル編集・スクリーン編集部)

こ、これってもう映画だよね…⁉

世界中の誰もが知るヒーロー、スーパーマンの前日譚を描く待望のDCTVシリーズが日本上陸!スーパーマンが生まれる200年前、彼の祖父“セグ=エル”が故郷クリプトン星を守るため、宇宙最強の敵“ブレイニアック”に立ち向かう。映画並みの壮大なスケールと最新のVFX、ド迫力のアクション満載にして描くSFアクション超大作だ。

画像: 次世代を担うニューカマーが出演! 左から:アン・オグボモ/キャメロン・カフ/ウォリス・デイ/ショーン・サイポス

次世代を担うニューカマーが出演!
左から:アン・オグボモ/キャメロン・カフ/ウォリス・デイ/ショーン・サイポス

見事主役を射止めた英国出身の新鋭キャメロン・カフをはじめとして、次世代を担う注目の俳優たちが多数出演していることでも話題。またクリプトン星については映画や海外TVシリーズなどで登場してきたが、深く語られていないだけに、ファン必見のシリーズ。すでにシーズン2の放送も決定、今年最大の注目作だ。

スーパーマンの誕生はこの男に託された!

14年前、科学者だったセグの祖父ヴァル=エルは、銀河征服を目論むブレイニアックの脅威を予測していた。だが、評議会はそんなヴァルを反逆罪で追放。以来、エル家は市民としての権利をはく奪されてしまう。

そんな運命を呪って成長したセグはある日、自爆テロから評議会の実力者ダロン=ヴェックスを守る、その功績でセグはランクが復活する。さらにダロンから彼の娘ニサと結婚してヴェックス姓を名乗れと命じられる。だが、セグは軍隊を率いる女将軍ジェイナ=ゾット将軍の娘ライタと愛し合っていた。そんな彼の前にアダム・ストレンジが現れる。未来の地球から来たという彼は、クリプトンにブレイニアックの危機が迫っていると警告する。

みどころポイント

ハリウッド超大作級!
実力派クリエーター陣が集結!

画像: ゴイヤーは“従来のコミックや映画版とは異なる”という趣旨のコメントを

ゴイヤーは“従来のコミックや映画版とは異なる”という趣旨のコメントを

スーパーマンの前日譚を描く本作の製作総指揮を務めるのは、映画『マン・オブ・スティール』でスーパーマンを描き、『ダークナイト』3部作の脚本を手掛けてDCコミックスの魅力を知るデーヴィッド・S・ゴイヤー。監督には『SHERLOCK/シャーロック』の演出も手掛けているコーム・マッカーシーほか実力派が集結、見応えも抜群だ。

スーパーマンファン必見!
気になるあのキャラも登場!

画像: ニサとライタ、二人の女性との恋のゆくえも気になるところだ

ニサとライタ、二人の女性との恋のゆくえも気になるところだ

スーパーマンの最強の敵ブレイニアックや、宿敵ゾッド将軍の先祖ライタ=ゾッドも登場する。中でも、そのライタはスーパーマンの祖父セグ=エルの恋のお相手。そうなると、スーパーマンにはゾッド家の血が流れている!?という衝撃的な展開が待ち受けるかも…。スーパーマン誕生の裏にどんな伝説が生まれるのか目が離せない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.