2019年3月28日、三菱のeKワゴンがフルモデルチェンジされ、同時にeKクロスも発表された。そのディテールを紹介していこう。(写真:井上雅行)

日産との共同開発で、主要コンポーネントを刷新

eKワゴン/eKクロスは、日産 デイズとの共同開発車だ。eKワゴンは6年ぶりに4代目にフルモデルチェンジ、eKクロスはeKカスタムに代わるSUVテイストのクロスオーバーモデルだ。

eKワゴンは軽ハイトワゴンのスタンダードとして上質なデザインに、eKクロスはフロントフェイスに「ダイナミックシールド」を採用してSUVテイストに仕立てられている。インテリアも基本デザインは両車で共通だが、色使いや素材を変えることでうまく差別化している。

eKクロスのパワーユニットにはハイブリッドも設定。軽自動車初の高速道路同一車線運転支援技術をはじめ、さまざまな先進技術も採用されている。ワゴンR、ムーヴ、N-WGNなど、多くのライバルがひしめく軽ハイトワゴン市場にeKワゴン/eKクロスはタッグを組んで参戦する。

eKワゴン G(eKクロス T・4WD) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1640(1660)mm
●ホイールベース:2495mm
●重量:830(920)kg
●エンジン種類:直3 DOHC(直3 DOHC+ターボ+モーター)
●排気量:659cc
●最高出力:52ps/6400rpm(64/5600)
●最大トルク:60Nm/3600rpm(100/2400-4000)
(モーターは2.7psと40Nm)
●WLTCモード燃費:21.2km/L(22.8)
●トランスミッション:CVT
●税込み価格:137万7000円(176万5800円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.