世界中で社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した冒険ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作の原作者J・R・R・トールキンの前半生を描く映画『TOLKIEN(原題)』が2019年夏に全国公開することが決定。

トールキンを演じるニコラス・ホールト、妻エディスを演じるリリー・コリンズ

そのたぐいまれな博識と想像力で「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」で知られる幻想的な世界観を自ら創り出し、ファンタジー文学のジャンルを新たに切り開いた、今なお多大な影響を与える文学界の巨匠“J.R.R.トールキン”。
本作では、世界中で愛されているあの作品群の原型となった、母親を介しての物語との出会い、大きな夢を追いかけた学生時代の”仲間”との固い友情、運命の女性エディス・ブラットとの生涯をかけた恋、そしてその全てを引き裂いた第一次世界大戦の過酷な体験…といったトールキンの激動の前半生が描かれていく。

画像: トールキンを演じるニコラス・ホールト、妻エディスを演じるリリー・コリンズ

実在した作家トールキンを演じるのは『女王陛下のお気に入り』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で俳優としての実力と地位を着実に築き上げているニコラス・ホールト。そして、のちにトールキンの妻となる最愛の女性エディスに『あと1センチの恋』、『白雪姫と鏡の女王』といった人気作に出演する傍らファッションアイコンとしても注目されているリリー・コリンズ。
さらに『オリエント急行殺人事件』『シンデレラ』のデレク・ジャコビや、『ダンケルク』のトム・グリン・カーニーといったイギリスを代表する豪華キャストが集結。
メガホンを取るのは、第90回アカデミー賞の外国語映画部門でフィンランド代表に選ばれた映画『トム・オブ・フィンランド』(今夏日本公開予定)で知られる実力派監督のドメ・カルコスキ。
トールキンの生き様を、壮大な冒険物語を彷彿とさせる絶妙なタッチで映し出し、トールキンの作品ファンのみならず、観る者すべてが心震える感動作へと仕上げている。

『TOLKIEN(原題)』
■監督:ドメ・カルコスキ(『トム・オブ・フィンランド』)
■キャスト:ニコラス・ホールト、リリー・コリンズ、デレク・ジャコビ、トム・グリン・カーニー
■全米公開:5月10日(英公開:5月3日)
■配給:20世紀フォックス映画 
(C)2019 Twentieth Century Fox

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.