かっこよく荷物を積むコツが分かります!

東京モーターサイクルショー2019で発見した思わず旅に出たくなっちゃうツーリングカスタム車を厳選してご紹介します。

バイクにどう荷物を積むか、そしてどうしたらスタイリングを損なわずパッキングできるか、とても参考になると思いますよ。

それではどうぞご覧くださーい!

①前後のサイドに積載することで軽快なアドベンチャー感を表現!
ホンダ 400X

ホンダドリームブースに展示されていた400Xです。コンセプトは「WEEKEND ADVENTURE」。

画像1: ①前後のサイドに積載することで軽快なアドベンチャー感を表現! ホンダ 400X

ポイントは、積載を行なおうと思ったとき、一番最初に考えるリアシートに荷物をバッグを積まなかったことでしょう。

GIVI製の防水サイドバッグ(28,500円)とエンジンガードバッグ(16,000円)で、幅にボリュームを持たせ、存在感を増しています。

画像2: ①前後のサイドに積載することで軽快なアドベンチャー感を表現! ホンダ 400X

サイドは合計30L、エンジンガードバッグは計10L。バッグで合わせて40Lの容量を確保しています。

画像3: ①前後のサイドに積載することで軽快なアドベンチャー感を表現! ホンダ 400X

キャリアにはテントが直接くくられていました。このキャリアはデイトナ製の「マルチウイングキャリア」(17,500円)。

画像4: ①前後のサイドに積載することで軽快なアドベンチャー感を表現! ホンダ 400X

ベルトやコードを掛けやすい形状で人気があるアイテムです。また、外したときもスタイリッシュで、キャリアを装備した際のやぼったさを極力軽減しています。

画像5: ①前後のサイドに積載することで軽快なアドベンチャー感を表現! ホンダ 400X

LEDフォグランプ(37,000円)とナックルガード(13,000円)はホンダの純正アイテムになります。このふたつを装着すると、途端にアドベンチャー感がアップしますよね!

画像6: ①前後のサイドに積載することで軽快なアドベンチャー感を表現! ホンダ 400X

※カウルは海外モデル「500X」のもの。残念ながらこの外装パーツの販売は予定されていないとのことです。

②クラシカルなスタイリングを加速させる帆布製バッグのコーディネート
カワサキ Z900RS

バイクは何も装着しない状態がもっとも美しくなるように造られているもので、パッキングをするとデザインを損ないがちですよね。

画像1: ②クラシカルなスタイリングを加速させる帆布製バッグのコーディネート カワサキ Z900RS

Z900RSのデザインを崩さず、むしろそのトラディショナルなテイストを加速させるバッグがプロトブースありました。

画像2: ②クラシカルなスタイリングを加速させる帆布製バッグのコーディネート カワサキ Z900RS

サイドバッグはプロトが輸入販売しているヘプコ&ベッカーの「レガシーサイドバッグ(C-Bow用)」(59,500円)。帆布素材で、経年変化も魅力となっています。

画像3: ②クラシカルなスタイリングを加速させる帆布製バッグのコーディネート カワサキ Z900RS

タンクバッグはバグスターの「タンクバッグ ネオビンテージ タンカー」(12,000円)。マップスペースも確保されているため、オシャレさと実用性をしっかりと両立しています。

画像4: ②クラシカルなスタイリングを加速させる帆布製バッグのコーディネート カワサキ Z900RS

シートもバグスター製「レディーシート」(55,000円)。車種別にアッセンブリーシートが展開されていて気軽にイメージの変更が楽しめます。

画像5: ②クラシカルなスタイリングを加速させる帆布製バッグのコーディネート カワサキ Z900RS

スクリーンは「MRA」製の「スポーツスクリーン スモーク」(12,100円)。小ぶりなサイズながらネイキッドモデルでの高速走行を快適にすると評判のアイテムです。

画像6: ②クラシカルなスタイリングを加速させる帆布製バッグのコーディネート カワサキ Z900RS
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.