モーターマガジン社のアーカイブから、ちょっと懐かしく珍しいクルマを紹介する連載企画。最終回は、イギリスの小さなスポーツカーメーカーであるジネッタのG12(復刻モデル)だ。

これこそが、公道も走れるレーシングカーだ。

1957年、イギリスのウオークレット兄弟が「ジネッタ」と名づけたコンペティション・スポーツカーの販売を始める。何種類もの小型スポーツカーを製作したウオークレット兄弟だが、1989年には会社を売却。その後、紆余曲折を経たが現在も会社は存続し、少数ながらスポーツカーを作り続けている。

画像: 現代のコンパクトカー、例えばヴィッツなどと比べても明らかにサイズは小さいが、プロポーションはボリューム感がある。

現代のコンパクトカー、例えばヴィッツなどと比べても明らかにサイズは小さいが、プロポーションはボリューム感がある。

ここで紹介するのは、ウオークレット兄弟が会社を売却する直前まで生産していた「G12」だ。オリジナルは1966年に短期少量生産されたコンペティション・スポーツカーだが、'80年代末期に復刻版として再生産された。

オリジナルと同じ治具で作られた復刻版のG12は、シャシの構造もレイアウトもそのままだが、ボディサイズはひとまわり小さくなっていた。

画像: 190psと21.6kgmを発生するコスワース製YAC型直4DOHC16バルブをミッドシップ搭載。

190psと21.6kgmを発生するコスワース製YAC型直4DOHC16バルブをミッドシップ搭載。

ミッドシップに搭載されるエンジンは、オリジナルは158psを発生する1.6Lの直4 SOHCだったが、復刻版ではコスワース社製のYAC型2.0Lの直4 DOHC16バルブを搭載。45mm径のウエーバー製キャブレターを2連装し、190psと21.6kgmを発生した。

トランスアクスル式のトランスミッションは、当時のF3などにも使われていたノンシンクロの平歯ギア5速MTだ。

画像: 1960年代のレーシングカーそのものといったコクピット。5速MTのシフトレバーは右側にある。

1960年代のレーシングカーそのものといったコクピット。5速MTのシフトレバーは右側にある。

ロールケージに囲まれたコクピットは、固定式のバケットシートにウイランス製のフルハーネス、MOMO製の小径ステアリングの向こうにスミス製のメーターやルーカス製のタンブラースイッチが並ぶなど、まさにレーシングカーそのもの。だが、日本でも保安基準を満たしており、ナンバーを取得して公道を走行することは可能だった。

画像: バケットシートは固定式。キャビン中央にはロールケージのバーが横切っている。

バケットシートは固定式。キャビン中央にはロールケージのバーが横切っている。

600kgを切る軽い車重に190psだから加速は鋭く、コーナリング速度は十分に速い。平歯ギアのミッションも切れ味良いシフトフィーリングだ。

エキゾーストノートは、コスワース一族のエンジンに共通な澄み切った小気味良い音色だ。リアクオーターウインドーのおかげで後方視界も悪くない。

とはいえ、エアコンは非装着だし、ラゲッジスペースもない。助手席はあるが居住性は悪い。やはりこのクルマは、まぎれもなくレーシングカーなのだった。

画像: やはり、このクルマにはサーキットがよく似合う。

やはり、このクルマにはサーキットがよく似合う。

ジネッタ G12コスワース(1989年) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3500×1550×1050mm
●ホイールベース:2286mm
●重量:580kg
●エンジン種類:直4 DOHC
●排気量:1995cc
●最高出力:190ps/6500rpm
●最大トルク:21.6kgm/4500rpm
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:前195/60R13、後205/60R13

※モーターマガジン社アーカイブからの懐かしく珍しいクルマの紹介は、今回でひとまず終了します。また機会をあらためて、アーカイブから秘蔵のクルマ?を探し出して紹介する予定です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.