GW最大の爆笑作になる事間違いなしの『シャザム!』は、2019年4月19日(金)に全国公開(配給:ワーナー・ブラザース映画)となるが、早くも全米では絶賛評が続出している。

辛口映画批評サイトRotten Tomatoesで93%フレッシュを記録!

身寄りのない思春期ど真ん中の子供、ビリー。ある日突然、彼は魔術師からスーパーパワーをゲット!ヒーローオタクのフレディと一緒に、悪ノリ全開!止まらない!そんなスーパーパワー絶賛ムダづかい中のビリーの前に、科学者Dr.シヴァナが現れ、手に入れたスーパーパワーを狙われ、フレディもさらわれてしまう…。
見た目はオトナ!中身はコドモ!“ダサかわ”ヒーローが世界を救う?!史上最も笑えるヒーロー映画がこの「シャザム!」。この度、4/5の全米公開を前に映画サイトFandangoにて全米限定公開を実施(3/23現地時間)。米・辛口映画批評サイトRotten Tomatoesでは93%フレッシュを記録し、アメコミのDCコミックスに登場するキャラクターを主人公としたスーパーヒーロー映画である、DC映画史上最高の高評価スタートを切った。

画像1: 辛口映画批評サイトRotten Tomatoesで93%フレッシュを記録!

そんな本作へ熱い視線が注がれる中、全米限定公開が3月23日(現地時間)に、米映画サイトFandangoにて約1200劇場で実施された。海外メディアからは「『シャザム!』は一番楽しくコミカルなスーパーヒーロー映画だ(Forbes)」、「この映画の中で起きる色々なことに、何度も大笑いできる(USATODAY)」、「とにかく脚本が研ぎ澄まされていて素晴らしい。ザッカリー・リーヴァイの演技が素晴らしく、とことん遊んでいて本当に楽しい!(JOBRO)」と、本作が史上最も笑える作品であること、スーパーヒーローを演じるザッカリーが素晴らしいといった大絶賛のコメントが寄せられている。
この度解禁された場面写真でもザッカリー・リーヴァイ演じるシャザムと相棒フレディが楽し気に笑い合ったり、コーラを大量に飲んだりするシーンが収められており、劇中でコミカルなシーンが沢山あることが伺える。

画像2: 辛口映画批評サイトRotten Tomatoesで93%フレッシュを記録!

今回の上映を受けて辛口なレビューで知られる米・映画批評サイトRotten Tomatoesでは93%フレッシュを記録(3月25日時点)。 現時点で、DC映画史上最高の世界興行収入を記録した『アクアマン』(65%)を大きく上回り、同サイトにおけるDC映画の最高スコアを保持する『ワンダーウーマン』(93%)に並ぶ高評価を獲得している。また、この限定公開での興行収入は330万ドルを記録し、「How to Train Your Dragon: The Hidden World(原題)」の260万ドル、『アクアマン』の290万ドルを大幅に抜き、『アクアマン』を超えるのではという声もあがっている。全米公開となる4月5日以降のリアクションにも注目したい。

©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.