2019年3月28日、三菱自動車はハイトワゴンの軽自動車「eKワゴン」を約6年ぶりに4代目へとフルモデルチェンジし、同時にSUVテイストのクロスオーバー軽自動車「eKクロス」を設定して発売した。(タイトル写真は、三菱自動車 取締役会長CEOの益子修氏と、CMキャラクターの竹内涼真さん)

日産 デイズ & デイズ ハイウェイスター との共同開発車

eKワゴン、eKクロスとも、三菱と日産の合弁会社NMKVが企画・開発マネジメントを行い、新たな開発・生産プロセスのもと、プラットフォーム/エンジン/CVTといった主要コンポーネントを刷新した新しい軽ハイトワゴンだ。日産の共同開発車は、「デイズ」と「デイズ ハイウェイスター」になる。

画像: eKワゴンはオーソドックスなスタイリング

eKワゴンはオーソドックスなスタイリング

画像: eKワゴンのリアビュー。サイドウインドーとリアウインドーをつなぐグラフィックがユニーク。

eKワゴンのリアビュー。サイドウインドーとリアウインドーをつなぐグラフィックがユニーク。

エクステリアは、eKワゴンは「キュート・シック」をコンセプトに、おおらかで張りのある曲面で全体を構成し、生き生きとした躍動感に加え、可愛らしく上質なデザインとした。フロントフェイスは、クロームメッキ処理を施した水平基調のグリルがヘッドランプへと連続するデザインとし、ワイド感を表現している。

画像: eKクロスの顔つきは、デリカD:5を彷彿とさせるアグレッシブなものだ。

eKクロスの顔つきは、デリカD:5を彷彿とさせるアグレッシブなものだ。

eKクロスは「キュート・ビースト」がコンセプト。フロントフェイスは三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、垂直に通したメッキバーと水平基調のグリルを組み合わせている。ポジションランプはボンネットフード下に配置。縦型の3灯式LEDヘッドランプは上2段がロービーム、その下にハイビームを配置する。

サイドシルガーニッシュとホイールアーチはブラックアウトしてSUVらしさを強調している。張りのあるアッパーキャビンを厚みのあるリアバンパーで支える構成で、SUVらしい安定感を表現している。どちらも共通ボディだが、顔つきやバンパー形状などでうまく差別化している。

画像: eKワゴンのインパネまわり

eKワゴンのインパネまわり

インテリアは「快適な空間」「わくわくする魅力的なディテール」「スマートな使い勝手」をコンセプトに、細部にわたっておしゃれさと実用性を追求した。また、完成品質の視点で機能性と質感にこだわり造り込まれた。

eKワゴンでは、ライトグレーを基調としたインテリアカラーで、シートはボリュームの感ある生地を採用し、乗り心地を重視したほか、シンプルな柄で明るくカジュアルなイメージを表現した。

画像: eKワゴンのフロントシート

eKワゴンのフロントシート

eKクロスでは、ブラックを基調としたインテリアカラーで、ブルーを刺し色としたスポーティかつスタイリッシュな空間とした。シートは凹凸感のある生地にハニカム調エンボス加工を施し、タフで機能的なイメージを表現した。

両車とも、インストルメントパネルに「ホリゾンタルアクシス」と名づけた三菱独自の水平基調デザインを採用することで、良好な前方視界を確保している。

画像: eKクロスのインテリア

eKクロスのインテリア

パワートレーンは、eKワゴンには3気筒DOHC12バルブ、eKクロスには同じエンジンにモーターアシストを加えたハイブリッドと、さらにインタークーラー付きターボも装着したパワーユニットが設定される。トランスミッションは、すべてCVTとなる。

従来型よりも高圧縮比で低フリクションの新型エンジン、低フリクションベルトと高効率オイルポンプを採用したワイドな新型CVTにより、燃費を向上させながら低速域から高速域までストレスなくキビキビとした走りを実現している。

画像: eKクロスに搭載された、0.66L直3DOHCターボ+モーターのハイブリッドユニット。

eKクロスに搭載された、0.66L直3DOHCターボ+モーターのハイブリッドユニット。

eKクロスに採用されたハイブリッドでは、加速時はバッテリーに蓄えた電力を利用し、モーターが駆動力をアシストする。減速時には電気エネルギーをリチウムイオンバッテリーへ高率的に充電する。さらに、減速時から停車時は車速が約13km/h以下からエンジンをストップさせるオートストップ&ゴー(コーストストップ機能付き)も採用している。駆動方式は、全グレードで2WD(FF)と4WDを設定している。

画像: eKクロスのラゲッジスペース。eKワゴンも基本的に広さは変わらない。

eKクロスのラゲッジスペース。eKワゴンも基本的に広さは変わらない。

また、軽自動車で初めてアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能を組み合わせた高速道路同一車線運転支援技術「MI-パイロット(マイパイロット)」を搭載した。

予防安全技術の「e-アシスト」では、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームに加え、新たに車線逸脱防止支援機能を設定し、全車「サポカーSワイド」に相当している。

画像: MI-パイロットの作動イメージ

MI-パイロットの作動イメージ

車両価格(税込み)は、eKワゴンがM(2WD)の129万6000円〜G(4WD)の150万6600円、eKクロスがM(2WD)の141万4800円〜T(4WD)の176万5800円。

画像: 左がeKワゴン、右がeKクロス

左がeKワゴン、右がeKクロス

eKワゴン M(eKクロス T・4WD) 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1640(1660)mm
●ホイールベース:2495mm
●重量:830(920)kg
●エンジン種類:直3 DOHC(直3 DOHC+ターボ+モーター)
●排気量:659cc
●最高出力:52ps/6400rpm(64/5600)
●最大トルク:60Nm/3600rpm(100/2400-4000)
(eKクロスのモーターは2.7psと40Nm)
●WLTCモード燃費:21.2km/L(22.8)
●トランスミッション:CVT
●税込み価格:129万6000円(176万5800円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.