これを見れば今年の東京モーターサイクルショーがだいたい分かる!? 取り囲むように人だかりができていた車両を厳選して紹介します!

でんっ!!

画像1: これを見れば今年の東京モーターサイクルショーがだいたい分かる!? 取り囲むように人だかりができていた車両を厳選して紹介します!

東京ビッグサイトにて開催された「東京モーターサイクルショー2019」は3月24日に閉幕しました。

バイクにまつわるモノやコト、その最新情報がオールジャンルで結集する日本最大規模のイベントとして、今年も大盛況でした。

画像2: これを見れば今年の東京モーターサイクルショーがだいたい分かる!? 取り囲むように人だかりができていた車両を厳選して紹介します!

お祭り気分満点で、やっぱりモーターサイクルショーは楽しいものですね。

見どころは無数にあるなかで、花形はやはり新型車両です。今年も世界&日本初公開モデルをはじめ、これから発売される市販車から、未来を感じさせてくれるコンセプトモデルが数多く登場しました。

その中でも特に注目を集めていた、と編集部が感じた車両をピックアップしてまとめてご紹介します!

スズキ/KATANA

画像: スズキ/KATANA

新型KATANAは、今回の主役だったと言っても過言ではないでしょう。前週の大阪モーターサイクルショー2019で日本初公開、その後のTMCSでもその人気は変わらずでした。

画像: ブラックカタナはオプション仕様でした!

ブラックカタナはオプション仕様でした!

まだ参考出品状態で価格や発売時期は公開されませんでしたが、展示車両にはカメラを向けるお客さんが取り囲み、跨り待ちの大行列もものすごかったです。

ヨシムラ/KATANA(カスタム仕様車)

画像: ヨシムラ/KATANA(カスタム仕様車)

何と、新型KATANAはスズキブースだけでなくヨシムラブースにも展示されていました!!

象徴的なスリップオン・サイクロンマフラーを搭載するなど、発売時期も未定の車両ながら、すでにフルカスタムが施されていました。

画像: KATANA 1135R

KATANA 1135R

また、新型KATANAの登場を記念して、伝説のカタナとしていまも語り継がれる「KATANA 1135R」も展示。2001年に5台限定で造られた究極のチューニング仕様車です。

ホンダ/CR ELECTRIC PROTO

画像: ホンダ/CR ELECTRIC PROTO

初日の3月22日(金)11時過ぎにアンベール、ワールドプレミアとして登場した電動モトクロッサーです。プロトタイプとはなりますが、新時代の到来を感じさせられるものでした。

画像: BENLY ELECTRIC

BENLY ELECTRIC

さらにホンダは「BENLY ELECTRIC」も発表。原付一種は、2020年の排ガス規制をクリアできるのか、という問題をかかえていて、電動化の流れはこれからいっそう加速していきそうです。

無限 MUGEN/E.REX

画像: 無限 MUGEN/E.REX

ホンダとともに電動モトクロッサーの共同研究を進めているMUGENも新型「E.REX」を発表。以前に発表されたコンセプトモデルよりも現実味を帯びた造りこみが見て取れました。

ヤマハ/YZF-R25

画像: ヤマハ/YZF-R25

デザインを一新したYZF-R25は、間もなく3月28日(木)から発売されます。そのため、細部までじっくり観察したり、入念に足つきチェックを行なったりと、真剣に購入を検討している人の姿が目立っていました。価格は税込59万9,400円~。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.