NYの伝説の5つ星ホテル「ザ・カーライル ローズウッド ホテル」について描いたドキュメンタリー『カーライル ニューヨークが恋したホテル』が2019年8月9日(金)よりBunkamuraル・シネマ他全国順次公開されることが決定。公開に合わせまてポスタービジュアル、場面写真が解禁された。
画像1: 世界初!5つ星ホテルのドキュメンタリー映画が誕生
画像2: 世界初!5つ星ホテルのドキュメンタリー映画が誕生

総勢38名の豪華セレブたちが5つ星ホテルのおもてなしの秘密を語る

世界中のセレブたちが愛し、名だたるスター達が幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが「秘密の宮殿」と呼んだ伝説のクラシックホテル「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」。

本作では、ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を教えてくれる。そしてセレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちから紐解く、今こそ知りたい究極のおもてなしが明らかになる。

監督は、『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』(13)、『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』(16)といったニューヨークの老舗高級ショップのドキュメンタリーを続けて制作しているマシュー・ミーレ―。過去作でもみせた超一流セレブ達の素顔を引き出す手腕は健在で、今回は4年間自らカーライルに通い詰め、その情熱が数々のビッグネームを本作出演へと導いた。

1930年創業のニューヨーク・マンハッタンに佇む「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」は、1泊200万円もするスイートルームがある超高級ホテル。その顧客には、英国王室や歴米大統領、映画スター、アスリートにミュージシャンと極上のセレブたちが名を連ねる。

『ハンナとその姉妹』(87)や『セックス・アンド・ザ・シティ』(08)のロケ地としても知られ、2年間カーライルに滞在していたこともあるウディ・アレンは、ホテル内のカフェ・カーライルで今でも週に1度クラリネットを演奏している。

上等なホテルは数あれど、セレブが皆カーライルを選ぶその理由は・・・。――お客様の秘密は必ず守りますーーそう答えるのは個性的でユーモラスなホテルのスタッフたち。先達からの伝統を受け継ぐスタッフたちは、溢れんばかりの笑顔でゲストを出迎える。まるで我が家のよう、とセレブたちは口をそろえるのだ。

名物コンシェルジュのドワイトは、吃音症を抱えながらも36年間カーライルを支えてきた。彼の上品で温かい接客は宿泊客からもスタッフからも愛されている。彼らのおもてなしの心意気は、時代の中で失われつつある本当の人間の豊かさを教えてくれるだろう。

今回解禁されたポスターは、アメリカで活躍するファッションイラストレーターのケラ・ティルが本作のために描き下ろした、繊細で愛らしいタッチのカーライルのイラストとなっている。あわせて解禁された場面写真では、ジョージ・クルーニーやナオミ・キャンベルらがカーライルについて語る姿や、美しく悠然と佇むカーライルの外観がうかがえる。

画像1: 総勢38名の豪華セレブたちが5つ星ホテルのおもてなしの秘密を語る
画像2: 総勢38名の豪華セレブたちが5つ星ホテルのおもてなしの秘密を語る
画像3: 総勢38名の豪華セレブたちが5つ星ホテルのおもてなしの秘密を語る

カーライル ニューヨークが恋したホテル
2019年8月9日(金)Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
配給:アンプラグド
© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.