モータースポーツといえば、その「エキゾーストサウンド」も大きな魅力のひとつです。こちらの動画は電動モトクロッサーのアクション動画ですが、モータースポーツ感がほとんどない?「音のない世界」なのでとても見ていて不思議な感覚になります・・・。

来るか!! 電動モトクロッサー時代!?

3月22日から始まった東京モーターサイクルショーでは、ホンダから電動モトクロッサーの試作車である「CR ELECTRIC PROTO TYPE」が公開されて話題になっていますね。

過去Lawrenceでも電動モトクロッサーの記事は掲載しています。KTM Freeride E-XCなどすでに製品化されているモデルもありますが、日本を代表するメーカーであるホンダがこの分野の新たな開拓者として加わるとなると、ますますの電動モトクロッサーの発展が期待できますね。

とても静か・・・これをメリットに結びつけることが「鍵」ですね

さて、今回ご紹介する動画は、オレゴン州ポートランドの元AMAモトクロスライダーで現在はX Gamesアスリートとしても活躍するジョシュ・ヒルによる、電動モトクロッサーのデモンストレーション走行を収録したものです。

画像: ピックアップトラックを"ぴょ〜ん"と飛び越えます。なおヒルが乗っているのは、ALTA MOTORSの電動モトクロッサーですね。 www.youtube.com

ピックアップトラックを"ぴょ〜ん"と飛び越えます。なおヒルが乗っているのは、ALTA MOTORSの電動モトクロッサーですね。

www.youtube.com
画像: 迫力のビッグジャンプ!! でも、内燃機関のエキゾーストサウンドがないので、不思議な「浮遊感」を覚えてしまいます。 www.youtube.com

迫力のビッグジャンプ!! でも、内燃機関のエキゾーストサウンドがないので、不思議な「浮遊感」を覚えてしまいます。

www.youtube.com

電動モトクロッサーの走行ビデオはBGMにロックサウンドを被せたりするものが多いですけど、この動画はその類のBGMが一切ないのでホント「静か」です。この静かさは、都市部や住宅地近隣など大きな「音」を出すことが嫌われるロケーションでも、モトクロスイベントを開くことができるのではないか・・・なんて想像をかきたてさせてくれます。

一方、あまりに「静か」すぎるので、これを使ったモトクロスイベントを開催しても、観衆はコーフンすることができるのかな・・・とも思ってしまいます。音がないことは乗って遊ぶ分にはそんなに気にならないかもしれませんが、「興行」の観点からすると、静かすぎるのはどうなんだろう? と正直思ってしまったりもします・・・。

レース中は大音量で"アガル"音楽でも会場内で流せばいいのかな・・・? でも、それじゃあ「静かさ」のメリットが台無しですな・・・。ともあれ、この新しいカテゴリーの乗り物を使った"遊び方"や"モータースポーツのやり方"は、これからどんどん各方面から模索されることになるでしょう。

この動画を見て、皆さんも電動モトクロッサーがもたらす"未来"を妄想してください!

画像: Josh Hill Silent Shredding on the E-bike youtu.be

Josh Hill Silent Shredding on the E-bike

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.