矢島宏樹さんの写真展「DAWN」が本日(3月22日)よりキヤノンギャラリー銀座で開催。会期は3月27日(水)まで(最終日は15時まで)。矢島さんはエチオピアに心惹かれ、人々の暮らしに興味を抱いて、彼らの生活に刺激を受けながら写真を撮り続けた。
画像1: 矢島宏樹写真展「DAWN」がキヤノンギャラリー銀座で、
本日(3/22)より開催! 3/27(水)まで。

同展について矢島さんは語る。
2017年、年末。自分の写真とは…という禅問答のような問いに自分なりの何かきっかけでも見つけれられればという思いで旅に出た。向かった先はエチオピア。
「写真は撮るんじゃなくて、撮らせてもらうんだ」「左足をもう一歩前に出せ」と教えられたことが、頭ではわかっているつもりになっていたが、ひょっとしてこういうことを言ってるんじゃないかと実感として感じることがしばしばあった。これが自分の写真なんだと言う答えになったかはわからないが、少しだけ心の靄は晴れたように思う。

画像2: 矢島宏樹写真展「DAWN」がキヤノンギャラリー銀座で、
本日(3/22)より開催! 3/27(水)まで。

写真展は東京、大阪のキヤノンギャラリーで開催!

キヤノンギャラリー銀座
■2019年3月22日(金)~3月27日(水)※日曜祝日は休館。最終日は15時まで
キヤノンギャラリー大阪
■2019年4月11日(木)~4月17日(水)※日曜祝日は休館。最終日は15時まで
詳細については以下を参照。

矢島宏樹さんプロフィール

1979年東京生まれ。2003年、中央大学卒業。2003年~2011年まで立木義浩氏に師事。2011年よりフリーランスとして活動中。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.