メルセデス・ベンツの中核をなすEクラス(セダン/ステーションワゴン)に、効率化と高性能化を目指す新技術「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」と「48V電気システム」を採用したE200アバンギャルドとアバンギャルド スポーツ及び280psの高性能エンジンを搭載したE300アバンギャルド スポーツが追加され、3月22日より販売が開始された(納車は6月以降予定)。

「BSG」と「48V電気システム」で高効率かつ高性能性を獲得

新たに加わったEクラスアバンギャルド/4MATICアヴァンギャルド。搭載される新開発の1.5リッター直4直噴ターボエンジン(最高出力184ps/最大トルク280Nm)と組み合わされる新技術「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)」、「48V電気システム」とにより効率性で快適かつスポーティな走りを実現している。

「BSG」はベルトを介してクランクシャフトと接続するモーターで、スターターとジェネレーターの役目を担い、「48V電気システム」は回生ブレーキ等で発電した電気を約1kWhのリチウムイオン電池に蓄電することで最大トルク160Nmの動力補助を行ってくれるという。いわゆるマイルドハイブリッドシステムといわれるもので、新型Cクラスにも採用され高い評価を受けている。

画像: 効率化と高性能化のための新技術「BSG (ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V(ボルト)電気システム」を搭載した新型1.5L 直4直噴ターボエンジン。

効率化と高性能化のための新技術「BSG (ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V(ボルト)電気システム」を搭載した新型1.5L 直4直噴ターボエンジン。

最高出力280psの直4直噴ターボエンジンを搭載

新規設定されたE300アバンギャルド スポーツの心臓部は、E200と同じ型式のM264エンジンが搭載される。ただし、E200が1.5リッター直噴ターボなのに対して2リッター直噴ターボとなる。

可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」が採用されたこのエンジンは、低速から高回転までの伸びやかな加速が特長で、E250に搭載されている2リッター直噴ターボエンジン(型式274)と比べると最高出力で47psアップの258ps、最大トルクで20Nmアップの370Nmとなっている。

画像: E300の登場でEクラスの選択肢がまたひとつ広がった。

E300の登場でEクラスの選択肢がまたひとつ広がった。

■メルセデス・ベンツEクラス 車両価格(税込)<セダン/ステーションワゴン>
E200 アバンギャルド(BSG搭載モデル):721万円/759万円
E200 4MATICアバンギャルド(BSG搭載モデル):744万円/782万円
E300 アバンギャルド スポーツ:855万円/893万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.