FCAジャパンは、ジープ(JEEP)ラングラーの4ドア上級モデル「アンリミテッド・サハラ 3.6L」が完売したことに伴い、新世代2Lエンジンを搭載した「アンリミテッド・サハラ 2.0L」を導入した。デリバリーは2019年夏以降を予定している。

3.6Lに代わり、新世代の2Lターボエンジンを搭載

ラングラーは、ジープ・ブランドの本格オフローダーだ。現行型は2018年10月に日本国内でも発表され、4ドアの上級モデル「アンリミテッド・サハラ 3.6L」は好評につき2019年分は完売した。そこで今回、新世代の2L 直4ターボエンジンを搭載した「アンリミテッド・サハラ 2.0L」が追加設定された。

画像: 新世代の2Lツインスクロール ターボエンジン

新世代の2Lツインスクロール ターボエンジン

このエンジンはツインスクロール式ターボを搭載し、低回転域から高回転域まで優れたアクセルレスポンスを発揮する。パワースペックは272ps/400Nmと同クラスをリードする高性能を実現する一方、経済的なレギュラーガソリンに対応し、燃費性能もJC08モードで11.5km/Lと優秀な数値を達成している。

装備については、LEDヘッドライトや8.4インチ タッチパネル付きオーディオナビゲーション、地デジTVチューナー、サブウーハー、レザーシート(フロントはヒーター付き)といった充実したアメニティ装備のほか、ブラインドスポットモニターやフロント・リア パークアシストなどを標準装備し、安全・快適なドライブを提供する。車両価格(税込み)は、573万3720円。

画像: ボディカラーは写真のブラックなど3色を設定

ボディカラーは写真のブラックなど3色を設定

ラングラー アンリミテッド・サハラ 2.0L 主要諸元

●全長×全幅×全高:4870×1895×1845mm
●ホイールベース:3010mm
●重量:1960kg
●エンジン種類:直4 DOHC+ターボ
●排気量:1995cc
●最高出力:272ps/5250rpm
●最大トルク:400Nm/3000rpm
●JC08モード燃費:11.5km/L
●トランスミッション:8速AT
●タイヤサイズ:255/70R18
●価格(税込み):573万3720円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.