ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!

プジョーが自動二輪車を初めて発表したのは、1898年。現存する最古のモーターサイクルブランドということになるそうです。

現在は原付二種のスクーターモデルをさまざまラインナップし、東京モーターサイクルショー2019にもブース出展されています。

画像1: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!

注目は看板機種のジャンゴシリーズ。なかでも初のモーターサイクル誕生から120周年を記念して作られた限定車が人気です。

画像2: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!
画像3: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!

この車両の後ろにはブランド解説があり、クルマのイメージが強いプジョーというブランドがどのようにバイクと関わってきたのかが分かります。

画像4: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!

さらに、こんな映えちゃうフォトスポットも!

画像5: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!

ジャンゴシリーズは先日、原付一種の50㏄と高速道路にも乗れる150㏄モデルの展開も発表されました。

東京モーターサイクルショーで展示されているのは原付二種の125モデルのみですが、いずれもサイズは共通。跨がってサイズを体感するのは、ここにある車両でOKです。

画像6: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!

そのほか、ジャンゴシリーズだけでなく、シティスター、スピードファイトも登場。

画像7: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!
画像8: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!
画像9: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!
画像10: ジャンゴの120周年記念モデルが東京モーターサイクルショーに登場!

いずれもフランスの気品を感じるデザインです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.