今週末は「東京モーターサイクルショー」がいよいよ開催されますね! こちらは3年前の英国バーミンガムの展示場NEC=ナショナル・エキシビション・センターで開かれたショーのなかで行われた、ライブ・レストレーションです。つまり、ショー会場でバイクをレストアする! という面白い企画なのです! お題は、1985年型スズキGSX-R750Fです!

1週間で、どんどんバイクが形になっていきます!

画像: NECでのショーの、スズキブース。多くの人でにぎわっています。 www.youtube.com

NECでのショーの、スズキブース。多くの人でにぎわっています。

www.youtube.com
画像: そんなスズキブースの一角に、骨格状態になったバイクが展示されています・・・? www.youtube.com

そんなスズキブースの一角に、骨格状態になったバイクが展示されています・・・?

www.youtube.com
画像: これは、スズキU.K.のビンテージ・パーツ・プログラムで供給される純正部品を使って、1985年型スズキGSX-R750をレストレーションし、その様子を毎日公開するという面白い企画なのです! www.youtube.com

これは、スズキU.K.のビンテージ・パーツ・プログラムで供給される純正部品を使って、1985年型スズキGSX-R750をレストレーションし、その様子を毎日公開するという面白い企画なのです!

www.youtube.com
画像: 完成すると、こんな感じになるわけですね・・・。アルミフレームを採用する750ccクラス初の本格レーサーレプリカとして、このGSX-R750は日本市場でも大ヒットしました! www.youtube.com

完成すると、こんな感じになるわけですね・・・。アルミフレームを採用する750ccクラス初の本格レーサーレプリカとして、このGSX-R750は日本市場でも大ヒットしました!

www.youtube.com
画像: この時代のGSX-R750の特徴である油冷4気筒エンジンが、組み上がっていく様子も見ることができます。 www.youtube.com

この時代のGSX-R750の特徴である油冷4気筒エンジンが、組み上がっていく様子も見ることができます。

www.youtube.com

日本のモーターサイクルショーでもやってほしいですね!

この「ライブ・レストレーション」、1週間でGSX-R750を組み上げていき、その様子を来場者に見てもらうという試みです。英国のモーターサイクル産業の中心地だったバーミンガム(日本で言えば、浜松みたいなイメージでしょうかね?)のNECでのショーは長期なので、こういう企画が可能なんですね。

とても面白いし、モーターサイクルのメカニズムの面白さを多くの人に知ってもらえそうな「ライブ・レストレーション」、日本のモーターサイクルショーでもやったらウケそう、と思うのは私だけでしょうか? この動画のように1週間も使わなくても、チャチャっと手を動かせば2日間もあれば十分でしょう! ←外野ならではの無責任な意見(苦笑)。

動画でGSX-R750が組みあがっていく様子をご確認ください。そして、見事に完成したGSX-R750のエキゾーストサウンドを、ぜひお聴きください!

画像: Suzuki GSX-R750F Motorcycle Live Restoration youtu.be

Suzuki GSX-R750F Motorcycle Live Restoration

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.