2019年3月19日、アウディジャパンが「Audi Sport confeference 2019」を開催、2019年シーズンにサポートするカスタマーレーシングチームを発表した。

スーパーGT、スーパー耐久、TCRジャパンが対象

アウディのカスタマーレーシングプログラムと言えば、GT3車両のR8が思い浮かぶが、アウディジャパンは、2019年シーズン、GT3車両「Audi R8 LMS」でSUPER GT GT300クラスに参戦するチーム「Audi Team Hitotsuyama」、同じく「Audi R8 LMS」でピレリスーパー耐久シリーズST-Xクラスに参戦するチーム「X Works」をサポートすることになった。

「Audi R8 LMS」は量産モデルをベースに作られたGT3規定のレーシングカー。SUPER GTとピレリスーパー耐久シリーズともにマシンレギュレーションはほぼ同じ、市販車両のポテンシャルが重要なことは言うまでもない。

また、アウディはRS3セダンをFIA公認のツーリングカー選手権TCRシリーズに準拠した「Audi RS3 LMS」も開発。リーズナブルなコストでカスタマーレースの参戦が可能となり人気が高まっているが、この「Audi RS3 LMS」でピレリスーパー耐久シリーズST-CTRクラスに参戦するチーム「Birth Racing Project」、「WAIMARAMA KIZUNA Racing Team」、「Team DreamDrive」「Audi Team Mars」、同じく「アウディRS3 LMS」で今年から開催されるTCRジャパンに参戦するチーム「Nizz Racing」、「Purple Racing(2台体制)」、「Birth Racing Project」も、R8と同様の体制でサポートする。

「Audi Sport Customer racing プログラム」は、マシンの開発やセッティングをサポートするだけではなく、Audi Sport Customer racingトレーラーがチームとともに転戦し、参戦チームをパーツ供給などさまざまな面で支援する。このトレーラーには、ボディパネル、エンジン、トランスミッションなど、約2500アイテム、1万点以上の部品が用意されている。

画像: ピレリスーパー耐久シリーズST-CTRクラス、TCRジャパンに参戦する「Audi RS3 LMS」。

ピレリスーパー耐久シリーズST-CTRクラス、TCRジャパンに参戦する「Audi RS3 LMS」。

2019年 Audi Sport Customer racig サポートチーム

Audi R8 LMS

スーパーGT GT300クラス 21 Audi Team Hitotsuyama
スーパー耐久ST-Xクラス 83 X Works

Audi RS3 LMS

スーパー耐久ST-CTRクラス 19 Birth Racing Project
スーパー耐久ST-CTRクラス 22 WAIMARAMA KIZUNA Racing Team
スーパー耐久ST-CTRクラス 45 Team DreamDrive
スーパー耐久ST-CTRクラス 65 Audi Team Mars

TCRジャパン 7 Nizz Racing
TCRジャパン 23 Purple Racing
TCRジャパン 24 Purple Racing
TCRジャパン 190 Birth Racing Project

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.