ザ・グッドイヤー・タイヤ & ラバー・カンパニー(以下グッドイヤー)は、シカゴにあるミュージアム「クレアモント・コレクションズ」と共同で、ジュネーブ国際モーターショーにおいてグッドイヤーの半透明のタイヤを装着して復刻されたコンセプトカー「ゴールデン・サハラ II」を発表した。

ゴールドに光るシースルータイヤを装着!

クレアモント・コレクションズは、イリノイ州シカゴにある300台のクラシックカーとカスタムカーを所有するミュージアムだ。

今回披露された「ゴールデン・サハラ II」は、伝説的なカスタムカーデザイナーであるジョージ・バリスが所有していた1953年式リンカーン・カプリに、同じくカスタマイザーであるジム・ストリートが改造を加え、1960年に発表された。

画像: ゴールデン・サハラ II

ゴールデン・サハラ II

このカスタムカーは、新しい電子システムを実験するプラットフォームでもあった。それは、航空機のコントロールレバーにインスピレーションを受けた、加速、ブレーキング、ハンドリングの制御システムと、車の進路上にある障害物を感知するセンサーを搭載した自動ブレーキシステムを特徴としていた。

タイヤは、グッドイヤーが半透明構造のネオタン(Neothane)を使って開発したもので、タイヤに内蔵されている発光装置によりタイヤ自体が光る。これは、悪天候下におけるタイヤの視認性向上やブレーキングと連動してタイヤが発光する仕組みの実現性を探る、グッドイヤーの幅広い研究範囲のひとつだった。

画像: 半透明でゴールドに光るタイヤ

半透明でゴールドに光るタイヤ

1960年の発表後、全米各地を巡り、数多くのテレビ番組や映画に登場した。その後、2018年5月にクレアモント・コレクションズがオークションで車両を購入するまでの約50年間、ゴールデン・サハラ II はガレージに眠ったままだった。

そして今回、シカゴのスピーキージー・カスタムズ & クラシックス の協力を得て修復され、グッドイヤーにより新たに作られた半透明タイヤを装着し、ジュネーブモーターショーにて発表された。

画像: タイヤは新たにグッドイヤーが製作した

タイヤは新たにグッドイヤーが製作した

「発見と革新は、常にグッドイヤーの核心をなすものであり続けます。ゴールデン・サハラ II のようなプロジェクトや我々がジュネーブ国際モーターショーで発表するコンセプトタイヤの開発に取り組むことは、未来に可能性のある商品やサービスを想像する力を強化するいい機会と考えます」と、グッドイヤー ヨーロッパのヘンリー・デュモティエ 消費財担当副社長は語っている。

このタイヤがすぐに実用化されることはないだろうが、タイヤが発光して視認性を向上させる仕組みは、安全運転支援技術の一端として近い将来に採用されるかもしれない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.