ポルシェAGが2018会計年度の業績について、その詳細を発表した。それによると様々な項目で過去最高を記録、業績が非常によいことをアピールした。ポルシェAG自身はこれについて「Eーモビリティのポールポジション獲得に向けて」好調な1年だったと語っている。

今年の目玉はピュアEVスポーツのタイカン

ポルシェAGは2018会計年度において、営業利益、売上高、販売台数で新記録を打ち立てたと発表した。営業利益は43億ユーロ(前年比4%増)、売上高は258億ユーロ(10%増)で営業利益率は16.6%となり、販売台数は25万6255台(4%増)を記録した。

これについてポルシェAG取締役会のオリバー・ブルーメ会長は「魅力的な商品レンジによって販売台数を再び大幅に伸ばすことができました。ポルシェはエモーショナルなガソリンエンジンと高性能なプラグインハイブリッドの代名詞となっていますが、将来的には純粋なエレクトリックドライブシステムでも知られるようになります」と語り、2023年までに新製品開発に約150億ユーロを投資するという。

画像: 2019年9月にデビューするピュアEVスポーツのタイカン。

2019年9月にデビューするピュアEVスポーツのタイカン。

E-モビリティについて具体的にはポルシェ初のピュアEVスポーツカーであるタイカンを2019年9月に投入し、2020年の初めにはその派生モデルのクロスツーリスモを追加投入する。また将来的にはマカンにもエレクトリックドライブを搭載し、ポルシェによる2代目のピュアEVモデルにすることが決定しているとのことだ。

さて、2018年のモデル別販売台数を見ると、もっとも大きな成長を見せたのがパナメーラで前年比プラス38%の3万8443台。また2018年にモデルチェンジを受けた911も好調でプラス10%の3万5573台、さらにSUV系は好調を維持していてカイエンはプラス12%の7万1458台、マカンは8万6031台だった。

画像: エリア別では中国が8万108台でトップ、2位が米国で5万7202台だった。

エリア別では中国が8万108台でトップ、2位が米国で5万7202台だった。

そして2019年も販売増を見込んでいる。メシュケCFOは「2019年は全世界で新世代911が発売になり、718とカイエンの派生モデルの発売、タイカンの発売が続きます。電動化などの高額な投資にもかかわらず、意欲的な収益目標の達成を確信しています。営業利益率15%を継続する予定です」と語っている。

フォルクスワーゲングループのEV化戦略において重要な役割を担っているポルシェだが、そのプログラムは順調に進んでいると言ってよさそうだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.