2019年3月17日、メルボルンのアルバート・パークサーキットでF1開幕戦オーストラリアGP決勝が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がメルセデスAMGの2台に続く3位に入賞。ホンダは復帰4年目にして初めての、2008年イギリスGP以来となる表彰台を獲得した。優勝はバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)だった。

メルセデスに迫る走りを見せたレッドブル・ホンダ

2019年F1グランプリの初戦オーストラリアGP、4番手グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、レース中盤でセバスチャン・ヴェッテル(フェラーリ)をオーバーテイクして3位に浮上すると、ファステストラップをマークしながら2番手のルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)を猛追する走りを見せた。

結局、ハミルトンには届かず、レース終了目前にバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)にファステストラップも塗り替えられたが、フェルスタッペンは見事に3位でフィニッシュ、その速さを強烈に印象づけた。

レース後、ファルスタッペンは「レース中、ずっと速さがあった。とくに最高速が伸びて、最高に気持ちよかった。トップ2チームと比べても伸びていた、うれしい驚きだよ。それにまったく不具合なく、安定して性能を発揮してくれたのは重要なことだ」と自信に溢れたコメントをしている。

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトも10位でフィニッシュしてポイントを獲得。今年のホンダのパワーユニットは開幕から好調だ。なお、レッドブルホンダのピエール・ガスリーは11位、トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンも14位で完走。ポイントこそ獲得できなかったが、貴重なレースデータを得ている。

ちなみにF1開幕戦オーストラリアGPのベスト10台は、フェラーリのパワーユニットユーザーが4台、メルセデスが3台、ホンダが2台、ルノーが1台となっている。

この結果をふまえ、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは「2019年の初戦、非常に良いスタートを切れました。レッドブル、トロロッソともに力強い走りを見せ、マシンにポテンシャルがあることも確認できたと思います」と語っている。

次戦第2戦は3月29日〜31日にバーレーンで行われる。

画像: F1開幕戦オーストラリアGPで表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ):右。フェラーリのヴェッテルをオーバーテイクするシーンは印象的だった。

F1開幕戦オーストラリアGPで表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ):右。フェラーリのヴェッテルをオーバーテイクするシーンは印象的だった。

F1開幕戦オーストラリアGP 決勝結果

優勝 77 バルテリ・ボッタス メルセデスAMG
2位 44 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG
3位 33 マックス.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
・・・・
10位 26 ダニエル・クビアト トロロッソ・ホンダ
11位 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ
14位 23 アレキサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.