3月16、17日に開催されたSBK(世界スーパーバイク選手権)第2戦タイラウンド。開幕戦ではアルバロ・バウティスタとドゥカティの新鋭機パニガーレV4 Rの活躍に話題が集中しましたが、第2戦ではライバルたちの巻き返しがあったのでしょうか?

スーパーポールとレース1は、バウティスタが制す!

16日(土)のスーパーポールは、絶好調のバウティスタがポールポジションを獲得。2位以下はジョナサン・レイ(カワサキ)、アレックス・ローズ(ヤマハ)、サンドロ・コルテセ(ヤマハ)、レオン・ハスラム(カワサキ)、トム・サイクス(BMW)が続きました。

同日のレース1では、ホールショットを奪ったレイが引っ張る展開に! バウティスタのアタックにレイが抵抗しますが、3周目にはなんと!! 両者が接触! この間にバウティスタはローズでパスされて、3位に退きます。

画像1: www.worldsbk.com
www.worldsbk.com

しかしバウティスタはすぐにローズを抜き返して2位に復帰。そして8周目まで首位をキープしていたレイを捉えて、9週目から首位に浮上! しばらくレイはバウティスタに食らいつきますが、次第に両者の差は拡大・・・。そのままバウティスタが、開幕以来負けなしの4連勝をマークしました!

SBK2019 第2戦タイ レース1
1 A.バウティスタ Ducati ESP 31'06.051
2 J.レイ Kawasaki GBR 8.217
3 A.ローズ Yamaha GBR 14.155
4 M.ファン・デル・マーク Yamaha NED 14.623
5 L.ハスラム Kawasaki GBR 18.554
6 M.メランドリ Yamaha ITA 18.681

スーパーポールレースもバウティスタ!! そしてレース2は・・・?

17日(日)のレース2のグリッドを決めるスーパーポールレースはトラブルにより赤旗が出され、短い周回のレースがさらに6周短縮されて終了することに・・・。

1周目を終えての順位は、バウティスタ、レイ、ローズ、マルコ・メランドリ(ヤマハ)、ハスラムが上位を形成。しかし、その後第3ターンでティティポン・ワーロンコーン(カワサキ)とレオン・キャミア(ホンダ)が衝突する事故があり、赤旗が掲示されてしまいました。

画像2: www.worldsbk.com
www.worldsbk.com

その結果、上位6台の順位は奇しくも土曜日のレース1と同じ順番になりました。バウティスタとドゥカティV4 Rのコンビネーションの突出ぶり。その速さに唯一対抗するレイ。そしてヤマハ勢がそれに続く・・・という今年の開幕からの構図が、ここでも繰り返されることになりました。

SBK2019 第2戦タイ スーパーポールレース
1 A.バウティスタ Ducati ESP 10'06.157
2 J.レイ Kawasaki GBR 2.042
3 A.ローズ Yamaha GBR 0.415
4 M.ファン・デル・マーク Yamaha NED 2.661
5 L.ハスラム Kawasaki GBR 0.669
6 M.メランドリ Yamaha ITA 0.280

なんと、3つのレースのトップ6が・・・!!!!

レース2は、バウティスタが独走する展開に! 最後は2位レイに10秒以上の大差をつけて圧勝しました。驚くべきことにレース2のトップ6は、レース1、スーパーポールレースと、同じ並びとなりました。こんなことがあるのですね・・・。

SBK2019 第2戦タイ レース2
1 A.バウティスタ Ducati ESP 31'05.590
2 J.レイ Kawasaki GBR 10.053
3 A.ローズ Yamaha GBR 12.368
4 M.ファン・デル・マーク Yamaha NED 17.378
5 L.ハスラム Kawasaki GBR 17.518
6 M.メランドリ Yamaha ITA 18.925

なんと2ラウンドを終えて、6つのレースすべてをバウティスタが制覇するという結果は、流石に開幕前には予想できませんでした。4月5〜7日の第3戦アラゴンラウンドに入って、バウティスタとドゥカティV4 Rの勢いにストップをかけることがライバルたちはできるのでしょうか・・・? 注目しましょう!

SBK2019 ランキング ※3/17現在
1 A.バウティスタ Ducati ESP 124
2 J.レイ Kawasaki 98
3 A.ローズ Yamaha 69
4 M.ファン・デル・マーク Yamaha 61
5 M.メランドリ Yamaha 54
6 L.ハスラム Kawasaki 51

This article is a sponsored article by
''.