国内ブランド三社のツーリングモデルをピックアップしました!

ヘルメットの寿命は約3年と、多くのメーカーが推奨しています。それはヘルメットをたくさん売りたいからではなく、本来の安全性を保てなくなるからです。

落としたりぶつけたりしなくても、衝撃を吸収するライナーはやれていってしまいます。
内装の手入れなどをすることで寿命は伸びますが、限度はあるんです。

とはいえ、高価なアイテムなので、なかなか買い換えに踏み切れていない方も多いでしょう。

そこで間違いない選択をしていただくため、今回は大阪モーターサイクルショー2019で発表された各社の最新おすすめヘルメットをご紹介します!

まずは、高い安全性が魅力のアライヘルメット!

画像: まずは、高い安全性が魅力のアライヘルメット!

ヘルメット好きの方には、いきなりビッグニュースです。

クラシックオープンフェイスのブランニューモデル「CLASSIC AIR」が発表されました!

画像1: クラシックオープンフェイスのブランニューモデル「CLASSIC AIR」が発表されました!

これまでは「CLASSIC MOD」という定番製品があったのですが、ベンチレーション機能が格段にアップしたとのことです。

その秘密がこれ。

画像2: クラシックオープンフェイスのブランニューモデル「CLASSIC AIR」が発表されました!

外部にはエアダクトが備わっていないのですが、内部にしっかりと装備されています。

オープンフェイスタイプはクルーザー系やドラディショナル系のライダーに大人気ですよね。シンプルですっきりとしたスタイリングに快適性が加わりました。

画像3: クラシックオープンフェイスのブランニューモデル「CLASSIC AIR」が発表されました!

間違いなくヒット商品となるでしょう。カラーバリエーションもいろいろ登場しそう。価格や発売日は近日公開される予定です!

アライはさらにこんなグラフィックモデルも発表しました!

画像: アライはさらにこんなグラフィックモデルも発表しました!

こちらは最近登場したばかりの「ラパイド・ネオ」のニューカラー。

じつは「CLASSIC AIR」はこのラパイド・ネオの兄弟モデルともいえます。先ほどお伝えしたとおり、「外装にエアダクトを付けずに換気する」という機構が同じなんですね。

内部から換気できるようになり、つるんとした昔ながらの無駄のないフォルムが実現できたのです。

そして新たなロゴ「HA」も!!

画像: そして新たなロゴ「HA」も!!

アライヘルメットの創業者である新井広武(あらいひろたけ)氏の名前に由来しています。こちらの価格は税別54,000円とすでに発表されました。詳しくは下の記事からご覧ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.