旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

バイク用バッグの老舗TANAXのMOTOFIZZ(モトフィズ)ブランドは、古くからキャンプツ-リング向けの大容量バッグも販売し、旅ライダーに絶大な支持を得ています。

画像1: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

このバッグ、見たことございませんか? ロングセラーアイテムのひとつ「キャンピングシートバッグ2」です。特に夏場の北海道では、毎日何台もこのバッグを積んだバイクを見かけます。

特徴は最大75Lの大容量、機能性の高さ、しっかりとした作り。いい感じにざっくりとしていて使いやすさも抜群です。

さて、そんな老舗ブランドは、今年も大阪モーターサイクルショーにブースを出展しました!

画像2: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

そこで発表されたのは、こんな遊び心あふれるシートバッグです!

画像3: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

ん? なにが? 普通じゃない?

じつはこの「キャンピングシェルシートバッグ」、こうなります!

じゃーん!

画像4: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

もう、見ているだけでワクワクしませんか?

キャンプを楽しんでいるライダーさんなら分かるでしょう。テーブルって意外とバイクで持っていくのが大変なんです。

長尺なタイプだとバッグに入れにくいし、収納がコンパクトなタイプだと使うとき小さすぎる……。
テントやシュラフ、マットなどに比べたら必要度が低いため、嵩張ると何だか損した気分になります。

ただ、あると便利なアイテムの代表格ともいえるでしょう。

画像5: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

だからこそ、このテーブル一体型バッグはありがたい!

テーブルの脚は窪んだスペースに収納されます。テーブルの天板はそのままバッグのトップ部分に。

画像6: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

だから普段はすっきり!

画像7: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

トップの部分は近年人気のシェル素材。ハードケースのような硬質なルックスと、ソフトバッグの気軽な積みやすさを併せ持っています。

メイン気室の容量は約45L。コンパクトなキャンプ装備ならこれひとつでもいけるでしょう。

写真のようにサイドバッグを装着して全体で容量70~80Lにすれば、余裕たっぷり、着替えなども入れられて万全です。

気になる発売時期ですが、出展モデルは試作品で、実製品のデリバリーは2019年7月末の予定とのこと。お盆休みのロングツーリングにギリ間に合いそうです。

価格は未定と発表されましたが、担当者さん曰く「30,000円は切れるよう頑張りたいです」って。
ぜひ頑張ってください! 僕も旅ライダーのひとりとして楽しみにしています。

画像8: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

そのほか、TANAXブースでは、熱暴走を防ぐ空冷機能付きスマホホルダー、タブレットホルダーなども発表されました。タブレットサイズのものには、ツーリングマップルもいい感じに入ります。

こちらは5月末発売予定だそうです。

いずれも時期が来ましたら、あらためてご紹介しますね!

画像9: 旅ライダーを悩ませる「テーブル問題」をバッグが一発解決!

TANAXは3月22日(金)~24日(日)に開催される東京モーターサイクルショーでもブース出展を行ないます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.