2019年3月12日、アウディ ジャパンから8代目となる新型A6/A6アバントが発表された。また、この導入を記念した期間限定車「A6/A6アバント 55 TFSI クワトロ デビューパッケージ」も同時に登場。新型A6/A6アバントは3月20日より全国の正規ディーラーで販売開始される。

まずは 3L V6ターボ搭載の「55 TFSI クワトロ」が上陸

A6/A6アバントはアウディの基幹モデルであり、BMW5シリーズやメルセデス・ベンツEクラスと並ぶ、欧州Eセグメントを代表する人気モデルだ。

鋭いエッジや印象的なライン、パワフルさを感じさせるクワトロブリスターなどが織りなす、新型A6/A6アバントのスタイリングは、新しいアウディデザインを象徴するシャープなもので、セグメントの新しい流れをリードする先進的なイメージが盛り込まれた。

インテリアにも未来的なデザインと機能が備えられ、新しいMMIタッチレスポンスやコネクティビティは操作性の新しい基準を打ち立てるものだという。

導入時に用意されるエンジンはV6 3.0 TFSIで、最高出力340ps/5200〜6400rpm、最大トルク500Nm/1370〜4500rpmを発揮しながら、48V電源システムによるマイルドハイブリッドテクノロジーを採用、もちろんアイドルストップシステムも搭載している。

サスペンションは先代よりもさらにスポーティに仕上げられ、プログレッシブステアリングやダイナミック オールステアリングホイール(4輪操舵)の採用によって高速では高い直進安定性、市街地では良好な取り回し性を実現したという。加えて、4WDシステムは状況に応じて後輪への駆動配分をアクティブに予測制御する新世代のものとなった。

車両価格は、セダンの55 TFSI クワトロ Sラインが1006万円、アバントの55 TFSI クワトロ Sラインが1041万円。同時に登場した導入記念期間限定車「A6/A6アバント 55 TFSI クワトロ デビューパッケージ」は「A6/A6アバント 55 TFSI クワトロ Sライン」をベースに、20インチタイヤやフロントクロストラフィックアシストを標準装備に追加しながら、価格を86万円抑えた955万円で魅力的なモデルとなっている。

なお、「55 TFSI クワトロ デビューパッケージ」に続いて、252ps/370Nmの2L 直列4気筒 TFSIや、207ps/400Nmの2L 直列4気筒TDIを搭載するモデルもラインナップに加わる予定だという。

画像: アバントモデルも同時に登場。広大なラゲッジコンパートメントの容量は標準状態で565 L、最大容量は1680Lに達する。

アバントモデルも同時に登場。広大なラゲッジコンパートメントの容量は標準状態で565 L、最大容量は1680Lに達する。

画像: 先進的なイメージが漂うA6のインテリア。室内は先代モデルよりも拡大されている。

先進的なイメージが漂うA6のインテリア。室内は先代モデルよりも拡大されている。

新型アウディA6/A6アバント 車両価格

画像: 新型アウディA6/A6アバント 車両価格

アウディ A6セダン 55 TFSI クワトロ Sライン 主要諸元

●全長×全幅×全高=4950×1885×1430mm
●ホイールベース=2925mm
●車両重量=1880kg
●エンジン=V6DOHCターボ
●排気量=2994cc
●最高出力=340ps/5200-6400rpm
●最大トルク=500Nm/1370-4500rpm
●トランスミッション=7速DCT
●駆動方式=4WD
●JC08モード燃費=12.3km/L
●ハンドル位置=右
●車両価格=1006万円

アウディ A6アバント 55 TFSI クワトロ Sライン 主要諸元

●全長×全幅×全高=4950×1885×1465mm
●ホイールベース=2925mm
●車両重量=1930kg
●エンジン=V6DOHCターボ
●排気量=2994cc
●最高出力=340ps/5200-6400rpm
●最大トルク=500Nm/1370-4500rpm
●トランスミッション=7速DCT
●駆動方式=4WD ●JC08モード燃費=12.3km/L
●ハンドル位置=右
●車両価格=1041万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.